Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。

男の教科書、ルパン3世。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :
ネッツカップ・ヴィッツレース2006のテーマソング、『マタアイマショウ』のカップリング『Brotherhood』のヴィッツバージョン。これはもう…。“走り出せ我が相棒ヴィッツ”ってヴィッツの中で聴いた日には・・・って感じですね。

SEAMO :
ああ、嬉しいですね。本当にみなさんにそういって頂けると、これを作って良かったなってすげえ思いますし。レースってものが結構わりとね、ミハエル・シューマッハとかライコネンとかじゃないですけど、すごい雲の上の人たちじゃなくて僕たちと同じように生活している方が実感して下さって、この曲を身近に感じてくれるんだったら僕たちはすごく嬉しいですよね。


鹿島 :いま120人いらっしゃるヴィッツレーサーの方の色んな反響も来ているんですけども、中には“月〜金、週末休んでヴィッツレースに出るためにがむしゃらに2週間前から仕事しています”と。その時に“この曲を行き帰りのクルマの中だったりとか、あるいは誰もいなくなった残業中のオフィスで聴いてモチベーションを高めてます”ていう方がいらっしゃいましたよ。ヴィッツのスタッフのも結構残業しながら聴いているという裏話もあるようなんですけどね。

SEAMO :マジすか? いやー嬉しいですねえ。

鹿島 :レースと音楽って、何か近いですね。

SEAMO :本当に思います。

鹿島 :ところで7/26には、ルパン三世のテーマ曲をモチーフにした『ルパン・ザ・ファイヤー』。ニューシングルがリリース。

SEAMO :はい。

鹿島 :ルパンといえば、ワルサーP38とクルマっていう感じなんですよ、僕的には。

SEAMO :そうですよね。もう一つそれに「峰不二子」というイメージがありますね。

鹿島 :アハハ でもあの〜、SEAMOさんちょっと似ていますよね、何か。

SEAMO :いや、本当にそう言ってくれると嬉しくて。僕の理想なんですよね。男の教科書だと思っています「ルパン三世」は。

鹿島 :なるほど。

SEAMO :はい。ああなりたいですね。決して2枚目で気取っているわけじゃなく、自然体の3枚目でおちゃらけててドジなんだけど、やるときはやるっていう男。もう最高で。そういう男の横に峰不二子のようないい女がいて、脇を固める仲間もすごく魅力的で。最高ですね。

鹿島 :あれだけ頼りになる男たちがブレーンとしていて、あれだけいい女がそばにいると、ともすると嫌な人になりがちじゃないですか(笑)客観的に色々考えると。そこでやっぱりあれだけギャグを連発したり、井上順さんばりにズッコケたりとかっていうのをやるからこそ、力を発揮した時に栄えるっていう美学みたいな感じなんですかね。

SEAMO :そうですねー。愛さてれるキャラなんだなー、愛すべきキャラだなーって。僕もだから絶対カッコつけちゃいけねえなと。ホント思ってます。ルパンってカッコつけないんです。そこがカッコいいんです。僕は本当に思ってますね。


そろそろ印税でスポーツカーですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :いやー色んな話が出ましたけど、またぜひお越し頂きたいのとですね、あとはせっかくヴィッツレースのテーマ曲も提供されていますので、今年中にサーキットでライブを。

SEAMO :そうですね。

鹿島 :スターティンググリッド、いわゆるレースが始まる前の選手紹介の時にバンバン流れているわけなんですけど、そこで本物のSEAMOさんが登場して生でみたいな。そういうのも観てみたいですね。

SEAMO :いやぜひ そんなもんぜひやらせて欲しいです。なんなら今年中にですね。そろそろ印税が振り込まれるから(笑)。

鹿島 :フフフフ。

SEAMO :クルマを買って、はい。自転車ではなく、みたいな。

鹿島 :でも自転車が、クルマが買えるくらいの値段がする自転車ですけどね。モールトン。

SEAMO :まあそうなんですけど、まあね、ちょっと収入に余裕が出たらクルマも買ってみたいなと思っていたもんですから。

鹿島 :ちなみに乗るならどんなクルマを?

SEAMO :僕、アウディのTTとかすごい好きで、欲しいんですよ。かなり暴れ馬だって話を聞いたことがあるんですけど。

鹿島 :最近モデルチェンジして、新しいのがヨーロッパで発表になりましたね。

SEAMO :え、本当ですか? もうそろそろだろなって思ってたんですよ。長い間あの形って全然古くならないですし、ちょっと気になりますよね。新しいTT乗ってみたいなと。

鹿島 :割とヨーロピアンのスマート系。仕事の出来る人のオン・オフグルマ。だけどオフの方が7割みたいなそんなイメージが僕はしますね。

SEAMO :なんかレオンの表紙も飾れそうな、そういう出来る男の似合うスポーツカーって僕は好きですね。

鹿島 :いいんじゃないですかね、うん。

SEAMO :僕はそのTTとかでも、一番速いやつありますよね、3.2の。あのパパイヤオレンジっていうんですか。あの3.2でしかないあの色が欲しいんですよ、オレンジ色の。

鹿島 :フフフ、いや、もう決めてるじゃないですか?

SEAMO :はい。クワトロというか、あの4駆のですね、はい。

鹿島 :ええ。いやいや楽しみにしています。またじゃあクルマを手に入れた日には、クルマエピソードを持って来て下さい。

SEAMO :お願いします。

鹿島 :本当にありがとうございました。またお待ちしています。

SEAMO :はい。

今週は、4/5リリースのシングル
『マタアイマショウ』がロングランヒット。
7/26にはルパン三世のテーマ曲をモチーフにした
ニューシングル『ルパン・ザ・ファイヤー』をリリースする、
SEAMOさんでした。

ドライバーズサロン!
来週も素敵なゲストをお迎えしてお送りします。
お楽しみに!



back page home