Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。

ヴィッツレースのテーマを歌う尾張のエンターテイナー

(7月23日放送)
SEAMO SEAMO

名古屋出身、幼少の頃に社会見学で訪れたトヨタ自動車で、60年代の名車トヨタ2000GT を目の当たりにして以来、クルマを愛し続けるアーティスト「SEAMO」は、昨年3月、さだまさしの「関白宣言」を
リメイクした「関白」でデビュー。7月にはドライブをテーマにした「DRIVE」、10月には、親交の深いBENNIE Kとのコラボレーションシングル「a love story」がスマッシュヒット。

現在、今年4月リリースのシングル「マタアイマショウ」が記録的なロングランヒット中、さらに7月26日には、ルパン3世のテーマ曲をモチーフにしたニューシングル「ルパン・ザ・ファイヤー」をリリース!

日本のHIP HOPシーンの牽引役の一人として、アーティストからの信頼も厚い。

http://seamo.jp

このコーナでは、レース関係者はもちろん、車を愛してやまない人気アーティストをゲストにお招きして、カーライフやレースのエピソードなど、その人物の本音にレーサー鹿島が迫ります。

今週は、4/5リリースのシングル『マタアイマショウ』がロングランヒット中。7/26にはルパン三世のテーマ曲をモチーフにしたニューシングル『ルパン・ザ・ファイヤー』をリリースする、SEAMOさんにお伺いします。お楽しみ下さい。

走り出せ我が相棒ヴィッツ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :今週のゲストはこの方です。

SEAMO :YEAHYEAH 尾張名古屋のエンターテイナー、マイク天狗モーター、マイクマスター、アルファベットは大文字で5、SとEとAとMとO SEAMOと申します、よろしくどうぞー。

鹿島 :よろしくお願いします。

SEAMO :よろしくお願いします。

鹿島 :僕もいつか、そういうやつをマスターしときたいですね。

SEAMO :いやいやいや、何言ってんですか(笑)。

鹿島 :いやいや、本当に。ご無沙汰しています。ところでこの番組では何度も情報をお伝えしているんですけども、ネッツカップ・ヴィッツレース2006、いわゆる街で走れるヴィッツ、レース仕様用のヴィッツなんですけども、それが普通のネッツのお店で全国で買うことが出来て、そのクルマで日ごろはドライブですとか通勤に使いながら、週末はウィークエンドレーサーとしてレースに出ることが出来るという画期的なレースシリーズが2006年にスタート、このテーマ曲をSEAMOさんが提供。

SEAMO :いやー、ありがとうございます。非常に嬉しい感じです。僕も昔『DRIVE』という歌を歌っていたんですけど、ここまで“これ専用のためだけに”ってやらせてもらえるのってすごい光栄なことですよね。

鹿島 :実はこの曲、いまロングランヒット中の『マタアイマショウ』の3曲目に入っている『Brotherhood』という曲の歌詞の一部が、ヴィッツレース用にアレンジされて。

SEAMO :そうですね、はい。

鹿島 :“走り出せ我が相棒ヴィッツ”から始まっちゃってますからね。

SEAMO :僕の中でクルマっていうのは、やっぱり人馬一体みたいな。僕はライトウェイトスポーツカーが好きだから人馬一体とかって使うんですけど、そういう意味で、クルマを相棒として捉えるのは僕的に好きでしたから、うん。そういう感じで表現してみたかったなと思って、クルマをクルマと呼ぶんじゃなくて。それが僕のポイントでしたね。

鹿島 :最近ちょっと、ヴィッツレースは色んな雑誌に出ていますんで。これは「スカウト」(リクルート)っていう雑誌ですけど見開きで特集されているんで。

SEAMO :わー、これ楽しそうっすよねみんなホントに。このカラーリングとかもすげえみんな楽しんでやってる感じですよね。

鹿島 :ここで取材されている人は医療関係のお仕事をされている38歳の方で、平日はガンガン仕事して週末はここで、“オレだけのレーシングワールド”を展開しているという。

SEAMO :ああーっ、いいっすねえ。僕もそういう大人になりたいっすね(笑)。

鹿島 :フフフ。思い切って、もうテーマ曲提供&今年か来年当たりヴィッツレースデビュー、週末レーサーデビューなんてどうでしょう?

SEAMO :いいですね。僕は地元が豊田なんでね。ぜひこのままヴィッツで、自分の天狗のカラーリングとかをしてね。

鹿島 :アハハ。

SEAMO :やってみたいなと思いますね。

鹿島 :意外と簡単にライセンスなんかも2日間くらいで取れちゃったりしますし。

SEAMO :B級とかはペーパーでいけるんでしたっけ。

鹿島 :そうなんですよ、講習だけですからね。試験も何にも無いんですからね。

SEAMO :A級は実技もあるんですか。

鹿島 :A級は実技と、試験が。ただ試験は、僕が昔取ったときは教材持込可でしたね(笑)。

SEAMO :あ、そうなんですか? なるほど(笑)。

鹿島 :見れば分かるみたいな。

SEAMO :免許取る時は、そうは行かなかったですけどね。

鹿島 :アハハ それは行かないですよね。


next page
男の教科書、ルパン3世。