Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。

センチメンタルドライブの時代。

(7月2日放送)
椎名純平 椎名純平
(しいなじゅんぺい)

1974年8月6日生まれ。
幼少期よりピアノを習い始め、高校時代、福岡に転校した頃からバンド活動をスタート。大学入学後、多くのクラブイベントに出演。1999年にSony Music SDM主催の「The Another Goal '99」オーディションでグランプリを受賞し、2000年11月8日、シングル『世界』でメジャーデビュー。
ブラックミュージックやR&B、ロック、フォークとあらゆる音楽をルーツに持ったメロディと、そのセクシーな歌声が魅力。
2006年は、メーカー、事務所ともに拠点を移し、2月には移籍第一弾シングル『残像/zero-one』を、6月21日には、大貫妙子をコーラスに迎えたニューシングル「ヒカリの海」をリリース。椎名林檎の実兄で、音楽業界屈指のクルマ好きとして知られる。

■椎名純平オフィシャルサイト : http://www.jumpeishiina.com/

■椎名純平BLOG :
http://blog.goo.ne.jp/shiinajunpei/

このコーナでは、レース関係者はもちろん、車を愛してやまない人気アーティストをゲストにお招きして、カーライフやレースのエピソードなど、その人物の本音にレーサー鹿島が迫ります。

今週も先週に引き続き、クルマを愛して止まないアーティスト、椎名純平さんをゲストにお迎えします。お楽しみ下さい。


そういえば、押しがけもしました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :今週もゲストは、クルマを愛して止まないこのお方です。

椎名 :どうも、椎名純平です。

鹿島 :いやー、先週はものすごかったですねえー。

椎名 :へへへっ。

鹿島 :ホントに大変なことになってましたけれども、本当にクルマが相当にお好きで。1975年製の117クーペ、いすゞ。これを大事に乗ってらっしゃって、何か最近はまたまた大変な、アルファロメオの70年代の。

椎名 :ええ、ええ。

鹿島 :…を物色中、の椎名純平さんに今週もお越しいただきました。

椎名 :はい。よろしくおねがいします(笑)。

鹿島 :すげー長いっすよね、紹介が。

椎名 :アハハ! 前フリが。

鹿島 :ちなみに始めて免許を取って乗ったクルマってどんなクルマなんですか。

椎名 :ええと、まずは実家のクルマに乗っていたんですけど、ほどなくして自分でゴルフを買いまして。

鹿島 :それは、1とか2とかその頃ですか。

椎名 :ええ、2ですけど、聴いている方は分かるのかな? ゴルフ2です。

鹿島 :これは結構長く乗ったんですか。

椎名 :ええっと、そうですね。3〜4年は乗ったのかな。なんですけどね、色々ちょこちょこと。これも専門店というのがありましてですね。

鹿島 :フフフ、もういきなりそこ行ってるんですね。

椎名 :ええ、そうなんです。もうなんか分かんないんだけど迷いが無くて、ゴルフが欲しいと思って。本当は1が欲しいなと思っていたんですけど。1はまたマニアックな話で、ジウジアーロがデザインしてるんですよね。

鹿島 :そうですよね。

椎名 :まあ、だからってわけじゃないんだけど、キレイな格好だなと思って。ともあれそれを買いに行って、そこでチョコチョコといじってもらったり直してもらったりしながら乗ってましたね。

鹿島 :トラブっちゃったりとか、困ったことってありましたか。

椎名 :いっぱいありました。

鹿島 :ありました?

椎名 :バッテリーがね、高いんですよ。輸入したもの用のバッテリーって。それで買わなきゃな買わなきゃなと思いながら先延ばしにしてたら、段々エンジンがかからなくなってきて、そしたら、僕がちょうど原宿あたりにいた時に、夜中にちょっと出かけてていざ帰ろうと思ったらエンジンがかからなくて、うわーまいったなあと。「じゃあ押しがけしよう」という話になったんだけど、僕はやりかたがあんまり分かってなかったから、どうやるんだろうねえなんて言ってたら、外人さん2人か3人組がきて「いや、やりかたはそうじゃないんだ。ギアをサードに入れてみ」っつって、サードに入れて、「じゃあ押すから」みたいな。やりかたを教えてくれて、やったみたいな。

鹿島 :…すごいっすね(笑)バッテリー買ったほうがいいっすね。

椎名 :バッテリー早く買いましたもん。うん。

鹿島 :ちなみに、押しがけって、2速か3速くらいに入れといて、まあクルマによりますけど、クラッチを切っておいて、わーって押して勢いついたところでつないでドンとかけるという。

椎名 :ですよね。

鹿島 :この光景はね、昭和の頃はよく見ましたけどね。

椎名 :そうなんですよね、いまは平成なんですよね。

鹿島 :ちょっと近所の人がね、「ちょっと押してくれないかな」っていうね。酒屋のトラックとかが止まっちゃって押したことありますけどね。最近見てないですよ押しがけ!

椎名 :フフフ。

鹿島 :そんなゴルフの後が117クーペですか。

椎名 :はい、そうなんです。

鹿島 :じゃあ本当にあれですね、免許を取られてからはちょっと味のある、ちょっとクラシカルなデザインにこだわりのあるものを専門店で買うという。

椎名 :そうですね。なんか不思議とそんな感じですね。


next page
椎名家のドライブ事情。