Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。

懐かしの8トラックにi-Pod。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :
117クーペ、1968年に生まれたクルマの75年式をお持ち。ちなみにこの頃のクルマってエアコンって効くんですか。

椎名 :
あの、117の場合は基本的にはエアコンじゃなくてクーラー。


鹿島 :ああ、クーラーですね。

椎名 :僕のは元々はついていなかったんで、後からつけてもらったんですけど。まあでも効かないですねー。

鹿島 :フフフ。

椎名 :大体、渋滞のときが一番効いて欲しいじゃないですか。

鹿島 :そうですよね。特にこれからの季節はそうですよね。

椎名 :フフ。そう。なんだけど渋滞のときに、エンジンが回っていないと冷えてくれないんですね。でも渋滞のときってエンジンはあまり回っていないから一切効かなくなって、ねっとりした風が出てくるような状況。けっこうしんどいんですけど。

鹿島 :でもやっぱり好きというね。本当に相性っていいますか、ずっと好きなんでしょうね。

椎名 :うーん、そうですねえ。まあでもねえ、夏に関して言うとまあ、普通のクルマ乗りたくなりますけどね。

鹿島 :アハハ、そんなこと言っちゃっていいんですか。

椎名 :アハハハ!

鹿島 :ブログを見させて頂いてましてね、ちょっと気になったんですけど、75年式の旧車、あとちょっとするとクラシックカーの領域に入っていくクルマにi-Podを搭載しているっていう記事をちょこっとだけ見たんですけど、これは簡単に搭載可能でした?

椎名 :やっぱり古いクルマだから、古いラジオがついていて、あと8トラ? 8トラックのテープが。あのガチャコンって刺すやつ。

鹿島 :くわーっ! デカイやつですよね。

椎名 :そのスロットがあって。でも8トラって売ってるのかなーって思って。しかも接続とかもどうしようもないから。結局最終的に自分でスピーカーをくっつけて、アンプくっつけて。

鹿島 :ええ。

椎名 :そのアンプからコードを伸ばしてきて、そのコードの先っちょにi-Podだったりディスクマンだったりを刺せるみたいな。

鹿島 :なるほどね。じゃあご自分でカスタマイズしちゃったわけですね。

椎名 :ええ。まあカスタマイズっていうか工作ですけどね。結構あんまり見栄えが良くなくて。どうしようかなー直さなきゃなーなんて思いつつ。でも聴けるからいいやってほっといちゃってる感じなんですけど。

鹿島 :なるほど、そういうことだったんですね。まあ通常のカセット、今皆さんがご存知のカセットであれば、それで飛ばせるじゃないですか。先っちょが8トラになってるやつって見たこと無いですもんね。

椎名 :ええ、ええ。どうしようもないんですよねー。

鹿島 :i-Podの先っちょが8トラ。ガシャン! みたいな。

椎名 :もう何か“昭和”って感じですよね。

鹿島 :フフフ。スピーカーは変えているから、音は結構いいんじゃないですか。

椎名 :音はねえ、まあまあですね。まあでも元のクルマが今に比べると静かじゃないので、あんまりまあ、アレですけどね。

鹿島 :あとブログの中に、何か違うクルマが出ていましたよね、ちょっとクラシカルな。あれは何ですか。

椎名 :あれはねえ、アルファロメオなんですけど。アレに買い換えようかなーって。

鹿島 :なるほどー! しかもあれが候補のクルマだったんですか。

椎名 :候補です。

鹿島 :アレって、あれも60年代ですよね。

椎名 :あれもそうですね。出だしは60年代です。

鹿島 :何か(笑)、椎名さん、どんどんどんどんある意味、良いというか楽しい方向に行ってますよね。

椎名 :危ないですよね。

鹿島 :危ないですねー。

椎名 :これ何台か乗り継ぐと、戦前とかになりそうですよね。

鹿島 :なっちゃいますね。

椎名 :ならないですけど、なりそうで怖い(笑)。

鹿島 :アルファロメオの古いやつも気になっているんですね。

椎名 :そうなんです。

鹿島 :具体的に言うとどのへんのものなんですか、型で言うと。

椎名 :型で言うと、いわゆるジュリアと呼ばれているやつの4ドアのやつなんですけど、やっぱり当時の4ドアって真四角なんですよね。その真四角の直方体の上にちょこんと人が乗るところがポコって出ているみたいな。ちょっとどんくさくて、しかもちょっと速いっぽい。実際に速くはないんですけど。

鹿島 :でも相当ね、車体の軽かった時代のね?

椎名 :ええ。そうですね。

鹿島 :でもブログに写真が出ているってことは、デジカメで撮っているわけですから、現実に確認に行ってるってことですよね。

椎名 :ええ。行ってます!

鹿島 :フフッ。

椎名 :2〜3、いや、3〜4、いや、4〜5軒は行ってますね。

鹿島 :行ってますね。ああもうコレぞっていうのには出会ってるんですか。

椎名 :もうね、7割8割は決まりみたいな気分なんですけどね。

鹿島 :ああー、そういうタイミングだったんですね。これはまた奥様も運転されるんですかね。

椎名 :これは今度はマニュアルだから、マニュアルの免許を取らせようかなって。

鹿島 :なるほど、クルマに合わせて。本当に好きなんですね、夫婦揃って。

椎名 :彼女は当初は興味無かったんだろうけど、着々と巻き込んじゃってますね。

鹿島 :買い物先とかで会ってみたいですね、美しいですよね。

椎名 :あのね、でもいたんですよ、前。古いアルファロメオだったと思うんですけど、あー古いアルファロメオだなーって思って前を通りかかって見たら、女性が運転していらして。美人でしたね、たぶん。良く見えなかったんですけどきっと美人でした。

鹿島 :でもかなり運転技術も上のほうなんでしょうね。

椎名 :うん。なんかね、何かスマートな感じがしたんですよ。すごく。ええ。

鹿島 :なるほどねー、ヤバいですねー(笑)。


ブログにクルマが出ています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :きょうはブログの話も結構しましたけど、今ふと思ったんですけど、117クーペってどんなクルマなのかって思っている方もいますよね、きっとね。

椎名 :そりゃそうですよね。

鹿島 :ということで椎名純平さんのブログに写真が出ています。

椎名 :出てます。

鹿島 :これを見て頂きたいと思います。まあお名前を入力して検索すればたどり着きますので。そこに、今物色中のアルファロメオもちょっと後姿が。グリーンのヤツが出ていますけど。

椎名 :ええ。

鹿島 :なんかどうやら、でもグリーンじゃないほうに決めそうだという。

椎名 :ええ。ちょっとまだ迷っているんですけどね。

鹿島 :お店の人聴いていたりして(笑)「うちのじゃないのかよ」みたいな、フフフ。

椎名 :どっちでも買いまーす! って言ってますから(笑)。

鹿島 :あ! 1台ずつ買うってのもいいんじゃないですか。

椎名 :ああーっ!

鹿島 :とんでもないですね。

椎名 :とんでもないですね。

鹿島 :何か怖い! お願いですから2台買うときは、1台はちょっと普通のヤツを買って下さいみたいな。そんなことは言いませんけど、僕は人のこと言えませんから。まあ楽しいカーライフですね。

椎名 :フフフ。

鹿島 :本当に楽しいお話をたくさん伺ったんですけど、当然1週だけでは収まりきりませんので、来週もぜひこの続きをお願いします。

椎名 :こちらこそよろしくお願いします。

今週のゲストは、椎名純平さんでした。
ドライバーズサロン!
来週も椎名純平さんをゲストにお迎えしてお送りします。
お楽しみに!



back page home