Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。

独自の視点を持つ美人カーライフエッセイスト!

(5月1日放送)
吉田由美

カーライフエッセイスト
吉田由美
(よしだゆみ)

短大卒業後、本格的にモデルの仕事を開始。特にクルマ関係の仕事が多く、自動車雑誌のモデルやレース番組の司会なども担当。8年前から約3年間、自動車メーカーのセーフティドライビング・インストラクターとして活動、この経験が「カーライフエッセイスト」という仕事をする大きなきっかけに。クルマを取り巻くすべての物事を、これまでのモデル経験などとリンクさせ、‘吉田由美’というフィルターを通してフラット感覚な女性の視点として伝えようと、日々取材に試乗にと飛び回る。

■資格
国内A級ライセンス
小型船舶1級
チャイルドシート指導員
秘書検定3級 他

■主な連載
「GOO WORLD」(プロト)
「GOO」(プロト)
「BMWコンプリート」(学研)
「ザ・マイカー」(アポロ出版)
「カートップ」(交通タイムス)
「マガジンX」(三栄書房)
「カービュー」 他

■主なレギュラー
「パーフェクト・ボート」(ネコ・パブリッシング)
「モーターファン別冊〜すべてシリーズ〜」(三栄書房)
「すてきな奥さん」(主婦と生活社) 他


このコーナでは、レース関係者はもちろん、車を愛してやまない人気アーティストをゲストにお招きして、カーライフやレースのエピソードなど、その人物の本音にレーサー鹿島が迫ります。

今週のゲストは、モデルを経て、クルマやクルマにまつわる様々な事柄を女性の視点で捉えて伝えていくカーライフエッセイストとしてご活躍の吉田由美さんをお迎えします。お楽しみ下さい。



女性らしさを忘れないことが大事。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :今週のゲストは、『CARトップ 』『Goo』『モーターファン別冊〜すべてシリーズ〜』など、数々の雑誌でレギュラーを展開する吉田由美さんです。よろしくお願いします。

吉田 :はい。よろしくお願いします。

鹿島 :吉田由美さんといえば、クルマ雑誌を今までに読まれたことのある方なら分かると思うんですが、もの凄く綺麗な方です。

吉田 :あら、ありがとうございます、そんな。

鹿島 :光栄です。

吉田 :いやこちらこそ光栄です。

鹿島 :カーライフエッセイスト吉田由美さんなりの視点、例えばクルマのインプレッション、試乗記を書くときはどんなところから見ていくんですか?

吉田 :いやー、もう全ての五感を通して、というとアレなんですが、なんだろう?

鹿島 :匂いとかどうですか?

吉田 :匂いも関係ありますね。匂いとか受けた印象、座った感じや触った感じとか。あと気になるのは、爪が長いのでドアのスイッチとかドアノブの形状や深さとか。凄いつまんないことにこだわるんですよ。それが“女性のためのクルマです”と謳っているにも関わらず、意外にそういうところが抜けちゃっている。

鹿島 :はっはー。

吉田 :女性でも色んなタイプがいるわけじゃないですか。例えばお母さんだったり独身のOLさんだったり学生さんだったり、女性でも年齢やライフスタイルによって置かれている環境が違うと思うんですね。例えば今30代の女性でバリバリ仕事をして自分でクルマを買って、お家も自分で買ってどんどん自立している中で、自分を広げるアイテムとしてクルマも一つの選択肢だと思うんですね。そういう人たちって割と自分に手入れをしていて、もちろんセレブ系のお母さんたちもそうですが、爪などにお金をかけたり自分に気を使っている人が多いんですよ。なのにそういう部分がスポっと抜けているような気がして。本当は運転する上ではネイルサロンとか行く必要はあまり無いんですけどね、でもあえて爪の手入れをしていたりする人はいるんですよね。あと私としてはスカートを普段からはくようにしていますね。

鹿島 :といいますと?

吉田 :私はクルマの仕事をし始めてからは、本当にパンツスタイルが多くなってしまったんです。それって機能的には便利なんですけど、やはり女性は普通にスカートをはいてますよね。だけどこの業界では女性であっても機能性を重視してスカートをはかない人が多いんですね。そうするとどうしても乗降性などに気がつかなくなっちゃうんですよ。それが、例えばミニスカートをはいたりすることによって、このクルマは乗り降りし易い、しにくいというのが分かってくる。だから逆に女性らしさを忘れないように気をつけているつもりです。


女性に優しい装備はこれ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :カーライフエッセイスト吉田由美さんの視点で、最近「ここが良かった」みたいなクルマやシステム、雰囲気はなんでしょう?

吉田 :えーっと…それはたぶん私だけの視点じゃないと思うんですけど、たぶん乗った方が誰しもがいいなと思うものは、シートにエアースカーフ。首から熱風が出てくるんですよ。

鹿島 :ははあ。

吉田 :シートヒーターの魅力には私は既にとりつかれていて、自分の乗るクルマには絶対にシートヒーターをつけようと思っているんですが、なおかつ首に暖かい風が当たることで本当に気持ちいいんですよ。そうなるとシートヒーターだけでは物足りなくなっちゃって、ぜひそれは色んなクルマについてくれると嬉しいなと。たぶんこれから出てくるクルマにはあの装備はついてくるんじゃないかと思いますね。モデルの仕事の時でも首のところにカイロを張るんです。例えば着物の仕事のときって首筋の風通しがいいじゃないですか。でも首にカイロを張ると熱が逃げないで暖かい感じがするんですね。なのでクルマにそれを取り入れてくれると、温泉に浸かっているくらいの気分になれます。

鹿島 :さすが、これはモデルさんならではですよね。

吉田 :そうですか?

鹿島 :だって普通は寒ければ寒いなりの格好をするじゃないですか。だけどお仕事上、季節を先取りですよね。冬なのに春のシチュエーションで撮影ってありますもんね。

吉田 :もう夏でもレザーの服だったりね(笑)今はだからだいぶ楽になりましたね。

鹿島 :逆に夏になると、ヒヤロンみたいな叩くと冷たくなるやつがあるじゃないですか。あれを首にやるといいとか。

吉田 :あ、一緒です。やっぱり首って大事みたい。


next page
車内が古本屋さんのニオイに!?