Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。
小沢コージ さらに続く「愛のクルマバカ列伝」秘話



ラジコン界のシューマッハ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :小沢さんが取材された中で、最年長のクルマバカな方は?

小沢 :それはやはり81歳でミニに乗ってらっしゃるおばあさんですね。

鹿島 :素敵ですね。

小沢 :あと感激したのは、日本人でラジコン世界チャンピオンがいるんですよ。「ヨコモ」という模型メーカー専属のプロです。彼は小学校に入る前からラジコンをやっていて、世界チャンピオンになったのが中学か高校くらい。それから全部連続でタイトルを取っているんだって。それで彼が目指していたのが競輪の中野浩一選手の10連覇。ある意味シューマッハよりすごいんだよね。

鹿島 :実際にラジコンを操っているのをご覧になった?

小沢 :みました。すごかったのは足。足でやるんです。

鹿島 :ええ?ちょっとまってください。大体ラジコンって手ですよね。

小沢 :足でプロポを操るんです。それは本当にすごかった。あと感動的な話があって、彼は4歳のときにお父さんが事業で失敗して家族がバラバラになってしまったんです。数年後やっと一緒に暮らせるようになった時、お父さんの仕事が模型店のディスプレー用のラジコンを組み立てて売るというものだった。その完成したラジコンを息子が操ったら大会で勝っちゃったんだって。そうなると彼が操縦したラジコンって高く売れるわけですよ。

鹿島 :チャンピオンカーですからね。

小沢 :そう。要するに小学生のころから彼はプロドライバーだったの。元々才能もあったんですね。勝負運っていうのはテクニックじゃないんです。彼は下手だったんだけど、とにかくコースを外れなかった。それがギリギリの勝負勘なんですよね。

鹿島 :ははあ。

小沢 :昔、アーサー・アッシュというテニスプレーヤーが、自身の書いた本の中で「チャンピオンには2つだけ持って生まれた条件がある。足の速さと精神的な強さだ。精神的な強さは先天的なものだ」と。たぶん彼にはそういう才能があったらしくて。それで彼は父親とラジコンの遠征に行くわけですが、電車の中でもラジコンのトレーニングをするんです。

鹿島 :イメージトレーニング?

小沢 :イメージじゃなくて、実際にミニラジコンを買って走らせるんだって。本当に星飛雄馬の世界。さらにすごいのは、コースを走らせて、親父が投げた障害物をよけさせるとか。

鹿島 :なんかイチローとかタイガー・ウッズとか、そういう感じですよね。

小沢 :そういうレベルですよ。業界が違えば、シューマッハくらいお金をもらってもいいくらい。彼は番組に呼んだらおもしろいですよ。

鹿島 :ぜひ紹介してください。

小沢 :あぁ一流だなぁって思う。まさにアニマル浜口状態です。お父さんがメカで息子がドライバーで世界を転戦しています。すごい人です。


次はフィクションで!?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :本当にお話しが尽きません。またぜひ来てください。

小沢 :いや喜んで。僕はレーサー鹿島教に入ったんで。僕は取材してるうちにその人を好きになってしまうクセがあってね。

鹿島 :ありがとうございます。

小沢 :他にも、プレイステーション2の「グランツーリスモ」を作った山内一典君も、宗教的なくらいカリスマパワーがあるんですよ。ただあまりに頭が良すぎて笑えないってのがあって。でも鹿島さんは笑える・・・ごめんねそんなこと言って。

鹿島 :いやいや、ありがとうございました。最後になりましたが、これから自動車ジャーナリストとしてクルマ好きとして、どんな野心が?

小沢 :野心は本当のことを言うと売れることですけど。あと、エンジニアの人と話していて感動なのが、彼らは本当にウソがつけない。普通の生活していると駆け引きとしてのウソがあるじゃないですか。でもエンジニアの人って「これ本当は○○馬力しか出ないんですよね・・・」とか正直。エンジニアってモノを見て勝負しているんですよ。「1gのモノは1g。絶対0.9gではない」という世界。物理法則に携わっているからウソをつけないし、おもしろい。本当はそういう「愛のクルマバカ列伝」でも書けない話を、フィクションみたいにして書けたらいいなと思いますね。

鹿島 :いままでの150回の連載の中でも、書いていない部分があるわけですね。

小沢 :うん。やはりどこの世界でも書いちゃいけない話ってあるもんで。そういうのってフィクションだったら書けるかなと思います。

鹿島 :本当にぜひ、またネタを貯めておいてお越しください。なんか不思議な空間でしたね。

小沢 :そうですね。おもしろかったです。ありがとうございました。

鹿島 :不思議で、魅力的な小沢コージさんでした。


ゲストは、週刊プレイボーイ、週刊宝島、 ラピタ、
ベストカーなど数々の雑誌で連載を展開する、
超売れっ子バラエティー自動車ジャーナリスト、
小沢コージさんでした。

ドライバーズサロン!
来週も素敵なゲストにお迎えしてお送りします。
お楽しみに!



back page home