Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。

夢を満たす道具を持っているかい?

(5月9日放送)
大倉正之助

大倉正之助
(おおくら しょうのすけ)

能楽囃子大倉流大鼓
重要無形文化財保持者

大倉流15世宗家、故・大倉長十郎の長男(大倉家は室町時代より650年続く能楽囃子「大鼓・小鼓」の家)。当初は小鼓方として父より稽古を受ける。8歳で初舞台を踏み、その後、17歳で大鼓に転向。大鼓方としての能舞台の活動はもとより、自身で主催する能公演や、薪能、各種公演の企画制作、国内外のインタージャンルのアーティストとのライブパフォーマンス活動、幼稚園から大学までの教育機関での講演・ワークショップ活動など、大鼓という日本古来からの伝統打楽器を通じて幅広いジャンルを縦横無尽に横断しながら、伝統文化の伝承と秘めた可能性を追究。世界に向けて日本文化の素晴らしさを発信しているアーティスト、文化プロデューサーである。

■公式サイト:http://www.hiten-jp.com/

このコーナーでは、車を愛してやまない各界の有名人をゲストにお招きして、カーライフやレースのエピソードなど、その人物の本音にレーサー鹿島が迫ります。

今週のゲストは、室町時代から650年続く能楽囃子、大倉流の担い手。伝統的な能の世界で活躍する一方で、ローマ法皇に招かれてのバチカン宮殿内でのコンサートやニューヨーク・メトロポリタン美術館での公演、そしてこの1月には、スイス・ダボスで行われた世界経済会議でも演奏。国境、文化を越えた活動をされている重要無形文化財保持者で、バイク、クルマをこよなく愛する大倉正之助さんです。どうぞお楽しみください。


バイクでトンネルの壁を登った男。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :今週も大倉正之助さんです。よろしくお願いします。

大倉 :よろしくお願いします。

鹿島 :大倉さんは、バイクやクルマが大好きで有名ですが、今までに何台ぐらい乗り継いでいらっしゃいますか?

大倉 :数えきれないですね。最初は小さいのからステップアップですね。スクランブラーみたいなね。CL50とかね。ちょっとモトクロスっぽい感じ。オフロード傾向のやつね。それから、CBのディスク(ブレーキ)になったCB250ってやつ。それで、4ストのバーチカルツインっていうのかな。そのあとが、CB500FOURとか。そこから後は、ヤマハのXS650とかね。あれはでかいね。キックオンリーでね。エンジンをかけておいておくと、振動でクルクル回りだすんですよ。

鹿島 :うわぁー、かなり男っぽいバイクですね。

大倉 :メーターがバネ仕掛けで、ビヨヨーンとかね。フフフ。そんな感じでおもしろかったです。あとは、カワサキのZ2、Z1-R、Z1000Rとか、あの辺の重量車にどわぁ〜っと軒並み乗りましたね。あとは、スズキのGSX、油冷のナナハンが出たでしょう。あれはかなりセンセーショナルでした。仲間で買って乗りました。でも、5000qで盗難にあったのです。家の前に植え込みがあって、そこにカバーをかけてちゃんと置いてあったんです。ある日、鞄を持ってさあ出かけようと思って、バイクの格好をして家を出て行ったら、カバーだけが植え込みに掛かっていたのです。あれはショックでしたね。

鹿島 :5000qで盗まれたのですか?

大倉 :そう、ショックでした。それでローンだけが残ってね。ヘヘヘ…

鹿島 :最悪のパターンですね。

大倉 :しばらく落ち込みましたけどね。その後、でかいバイクにどんどんエスカレートしていきましたね。ゴールドウィングとかね。今はヤマハが多いんです。FJ-RとかV-MAXとか。それで、一番のお気に入りはR1ですかね。

鹿島 :これは世界最速といっても過言ではない、ものすごいスポーツタイプです。1000CCのR1はかっこいいですね。

大倉 :あれは乗っていて楽しいですね。ただ、タイヤが減るのが早いですね。

鹿島 :これだけたくさんバイクに乗られていますと、いろいろな話があるのではないですか?

大倉 :バイクで壁を登ったとか…

鹿島 :ハハハ。壁を登りましたか!?

大倉 :横浜の山下公園です。ハイサイドをくらって、出口のトンネルの壁をZ1-Rで登ったのですが、着地に失敗しました。タイヤの跡がビューッと付いたんです。着地さえ上手くいけばそれはすごいですよ。

鹿島 :それを登っている時は、もう着地のことばかり考えていましたか?

大倉 :もう壁を登ったと思ったら、あっという間でしたね。次は頭から地面が降って来ましたから。フフフ。でも、今日ここにいるということは、生きているんですよね。足もあります。

鹿島 :はい。

大倉 :あの時は、その日おろしたて。新品のフランス製のヘルメットだったのです。それがザクロのように割れましたね。

鹿島 :ヘルメットが頭を守ってくれたんですね。だからヘルメットはきっちり被ったほうがいいんですよ。すごいですね。

大倉 :本当に大事です。




next page
ラーメン喰いにちょっと博多まで!