Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。

バイクに乗ったインディ・ジョーンズ!!

(3月7日放送)
みやざき けいいちろう みやざき けいいちろう

(みやざき けいいちろう)

1959年生まれ。福岡県出身。
大学卒業後、鈴鹿サーキットを本拠地にメーカー系テストライダーとして働きながらレース活動を行う。仕事のベースになっているのはその当時のレース経験よりもテストライダー経験と学生時代のツーリング経験とのこと。84年頃よりテストライダー契約でヤングマシン(内外出版)、モーターサイクリスト(八重洲出版)などのメインテストライダーを歴任。現在はオートバイ(モーターマガジン社)を中心に各雑誌で活躍中。


このコーナーではレース関係者はもちろん、車を愛してやまない人気アーティストをゲストにお招きして、カーライフやレースのエピソードなどその人物の本音にレーサー鹿島が迫ります。

今週のゲストは、メーカー系のテストライダーを経てバイクジャーナリストとして活躍。ランドクルーザーをはじめとするクルマも愛してやまない宮崎敬一郎さんです。どうぞお楽しみください。


2億年前の景色が見えた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :今週のゲストは、バイクジャーナリストの宮崎敬一郎さんです。よろしくお願いします。

宮崎 :どうも。よろしくお願いします。

鹿島 :宮崎さんがすごいクルマ好きというのは、業界では有名ですね。しかも四輪駆動系のクルマが好きだとか。

宮崎 :キャンプとかアウトドアが好きなんですね。こう言ってはおかしいんですけども、化石を採りに行ったりするんです。山の中に分け入るのが好きなんですよ。それにシンクロするようなクルマ、要するにオフロードバイクやオフロードのクルマというのが、どんどん自分の周りに集まって来たんです。自分の仕事以外の部分を見てみると、知らないうちに四駆やオフロードバイクに囲まれてしまっていたな、というような状態ですね。

鹿島 :化石を採りに行くというのは、具体的にどういう事ですか?

宮崎 :たまたま自分が見つけた化石が、鳥の羽根に見えたんですよ。それを国立科学博物館へ見せに行ったら、先生が「お前、バカなことを言っているのじゃないよ。これは、葉っぱだよ」と言われたんです。恐竜がいた時代は、こんな不思議な葉っぱがあったんだ…と思ったんですね。これがキッカケで、動物の先生から植物の先生を紹介していただいて、いろいろお話をしているうちに、どんどん入り込んでいってしまったのです。先生から、「こんなものを採って来てごらん」って言われて、ちょっとおもしろそうだから行ってみます、とか言って行くようになったんです。

鹿島 :なるほど。今まで見つけた化石の中で、古いものはどれぐらい前ですか?

宮崎 :そうですね、2億年近く前になりますかね。不思議ですね。仕事柄、海外にも行くんですけども、いろいろなサーキットの工事現場の脇に、“ポッ”と見たら、すごい珊瑚があったりしてね。そこを掘っていると、「お前は何をしているんだ!?」と言われたりしたこともあるんですよ。

鹿島 :ハハハ。具体的にはどんなものなんですか? 葉っぱとか植物系なんですか?

宮崎 :僕は、植物系が専門的というか好きなんです。例えば、この時代でこのような形をしている植物が、別の地域に行った時にはどのような形に変わるのだろう…ということを、同じ時代のところを見比べてみたりして、ほくそ笑んだりとか…。なんかこれはちょっと暗いですね。ハハハ。

鹿島 :いやすごいです。僕もたまに実家に帰って、子どものころに買ってもらったウサギのぬいぐるみが見つかった時に、懐かしいなあと思っていたら、1時間ぐらい経っちゃいますからね。2億年前のものと出会った瞬間というのは、感動なんですか?

宮崎 :感動というよりも、植物が生えていた状況というものがおもしろいんですよ。自分たちが生きているというのは、どんな形にせよ自分のおじいちゃん、おじいちゃん…おばあちゃん、おばあちゃん…と、ずっと辿っていくと、それが例えばネズミみたいなものかも知れないけれども、その当時絶対に何処かにいたわけですよ。命は絶対つながっていますもんね。

鹿島 :はい。

宮崎 :そうすると、ご先祖様が触ったものかも知れないわけですよね。そういうことを自分の中で勝手に想像しながら、石ころをいじって遊んでいるんです。

鹿島 :ハハハ、すごいですね。化石にハマった理由というのは、そこなんですね。

宮崎 :まあその辺ですね。勝手に自分の中で想像して遊んで、その証拠を見つけてというところですね。そのあたりに、“ポッ”とあればいいんですが、これが山の中とかとんでもないところにあるものだから、知らないうちに四駆に乗るようになって、四駆で遊ぶようにもなったんです。

鹿島 :これはお仕事なんですか、ライフワークなんですか?

宮崎 :息抜きですね。お仕事というわけではないです。いろいろと頼まれたりはしますけど、でも、趣味ですね。




next page
軽トラックで駆け抜けた青春!