Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。

さあ、冒険の扉を開けよう! 

(2月1日放送)
片山右京
片山右京

(かたやま うきょう)

生年月日:1963年5月29日
サイズ:165cm/60kg
出身地:東京都
1983年、「筑波FJ1600Bシリーズ」へ参戦、いきなりチャンピオンに輝く。その後フランスに渡り「F3」で活躍、帰国後「全日本F3000」チャンピオンを獲得し、F1へ! 小気味よいドライビングでF1界でも人気を集める。1999年には、トヨタチームの一員として、「ル・マン24時間耐久レース」に出場。日本人トリオとして史上最高位の2位を獲得! 現在は、レーシングドライバーとしてはもちろんのこと、登山、自転車等のさまざまなスポーツシーンで大活躍中!! 2004年の「パリ〜ダカール・ラリー」では、幾多のトラブルに遭遇、惜しくもリタイヤながら終盤までクラストップを力走、世界中のファンに勇気を与えた。


このコーナーではレース関係者はもちろん、車を愛してやまない人気アーティストをゲストにお招きして、カーライフやレースのエピソードなどその人物の本音にレーサー鹿島が迫ります。

今週のゲストは、今年も、世界で最も長く過酷なパリ・ダカールラリーに出場。結果は惜しくもリタイアながら、終盤までクラストップ争いを演じた、片山右京さんです。今週と来週、2週に渡り、パリ・ダカールラリースペシャルでお送りいたします。どうぞお楽しみください。


God With Us !
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :今週のゲストは片山右京さんです。まずは、お帰りなさい。

片山 :行く前に、帰ってきたら報告に来るねって言ったから。とりあえずは、無事にこうやって報告に来られてよかったです。

鹿島 :18日間でおよそ1万qを走破するパリ・ダカラリーの様子を、要所要所を振り返りながら、2週に渡ってお送りしたいと思います。

片山 :2日目のSS、スペシャルステージでのタイムアタックで、行こうと思って駐車場を出たらいきなりエンジンが止まっちゃったの。ビックリしたね。スタート1分前からのカウントが始まるところで、エンジンが止まったりかかったりというのをやっていたら、競技委員が来て、前の方でクルマが7台スタックしていて、そのあとも10台ぐらいが後ろから来たので、1回中断だと。それで、この時とばかりにクルマから降りて、新しいタンクだから燃料フィルターが詰まったんじゃないかと思って交換をしたんだけども、結局、直らなくて天を仰いでいたら、そのスタックしたクルマをどかすためのブルドーザーもスタックしちゃって、最終的には中止になっちゃったの。

鹿島 :はい。

片山 :そのまま行けと言われたら、失格になって、たった一日で終わりかなと思っていたからね。ユーロースポーツでも、トップを走っていた選手よりもこっちのほうがニュースになっていて、「God With You」と言われました。最初からラッキーだったよね。

鹿島 :原因はなんだったんですか?

片山 :ガス欠。いや、ガス欠というと正しくないかな。今年から新しい型の燃料タンクを取り入れたので、計量の仕方を間違えていて燃料が足りなくて、燃圧が上がらなかったの。計算ミスみたいなものです。でも結果からいうと助かった、よかったなという感じです。その後は、順調に計算通りのレースができて、3日目、4日目からクラスではトップに立ってね。T1のガソリン車のクラスでトップを走っていたメルセデスなんかともバトルをしていましたから。自分達がトップに立ったということが、逆に信じられないくらいに好調でしたね。

鹿島 :ははあ。

片山 :7日目、タンタン→アタールという750q以上を走るSSがあったんです。高速道路でも750qを走るのは大変なのに、砂丘や砂漠、下の道とかを700q以上を1日で走らなきゃいけないので、とにかくブッ飛ばさなきゃいけないんです。

鹿島 :全開ですね。

片山 :夜中に出て、リエゾン(競技区間の移動)で200qぐらいを走って、それから750qだから、一日に1200qぐらい走るの。SSがスタートして250q走ったところで、これから大きな砂丘に入るのでタイヤの空気圧を抜いていたんです。そうしたら、ナビゲーターの大ちゃん(荒川大介)が、「燃料が漏れています」と。「ニャニィ!?」と思って量ったら、250q走るのに150リットルも使っていたんです。残り170リットルであと500qを走らなきゃいけない、無理じゃん!と思ったんですけど、今、自分たちに何ができるかと考えた時に、途中のチェックポイント、CP1は過ぎていたから、CP2と3を飛ばしてペナルティは喰らうけど、街に出てガソリンを入れてゴール地点に向おうと思ったんです。

鹿島 :はい。

片山 :とりあえず、最終的な判断ができるところまで33qあるから、そこまで、5速ギアだけで燃費走行して行ったら何リットルで行けるか、何リットル残るか計算してくれって言ったら、「ピッタリ“0(ゼロ)”です!」って言うんです。普通だったら、足りないから辞めましょうとか大丈夫ですとか言ってくれると思ったのに、“ピッタリ0(ゼロ)”って言われて…。

鹿島 :すごいですね。

片山 :皮肉なものだなと思ってね。「どうしましょう」って言うから、行っちゃえ〜!って。そこでスタンドに行くということは、レースを降りるということだからどっちでも一緒だと。じゃ勝負に出ようと言って走り出したら、今度は、ブレーキが無い!? 俺が石か何かにヒットさせてブレーキラインを切っちゃったのかなと思ったら、運が悪いことに、ネジがゆるんでブレーキオイルが全部出ちゃったんです。それで、ブレーキ無しで350qを燃費走行で走りました。それでもまだクラストップだったから。

鹿島 :いや、すごいですね。

片山 :着いたら燃料はギリギリでしたね。でも、まだ数リットルは残っていたかな。

鹿島 :砂漠では、リッターどのくらい走るんですか?

片山 :砂漠だったら、思いっきりホイルスピンさせてアクセルを踏んでいるから、2〜3Kmぐらいかな。まあ、でも本当にギリギリでしたね。




next page
勝利のためには、おしめもはく!