Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。

笑顔で通えるサムライ道場!

(8月17日放送)
ニコラス・ペタス ニコラス・ペタス

生年月日:1973年1月23日 身長:180cm
出身地:デンマーク

14歳で空手に出会い、18歳で母国を離れ日本へ渡り、故大山倍達総裁の最初で最後の外国人内弟子として厳しい修行を完遂。1995年には極真空手チャンピオン、2001年にはK-1Japanの王座を獲得。今年2月には「サムライ精神の道場 ニコラス・ぺタス道場」を開設した。「常に最善を尽くすこと」がモットー。

【戦歴】
1995 ヨーロッパ選手権重量級優勝
1995 第六回全世界空手道選手権大会五位
1997 全世界ウェイト制空手道選手権大会重量級三位 1999 第七回全世界空手道選手権大会五位
2001 K-1JapanGP優勝

このコーナーでは、レース関係者はもちろん、車を愛してやまない人気アーティストをゲストにお招きして、カーライフやレースのエピソードなど、その人物の本音にレーサー鹿島が迫ります。

今週のゲストは先週に引き続き、格闘技の世界からバイクをこよなく愛するこの方をお招きしています。2001年K-1 JAPANのチャンピオン、デンマークが生んだサムライこと、ニコラス・ペタスさんです。じっくりお楽しみください。


俺のカーナビを盗んだのはだれだ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :今週のゲストもこの方です。

ニコラス :押忍。ニコラス・ペタスです。よろしくお願いします。

鹿島 :押忍。よろしくお願いします。今週はプライベートでのバイクライフについてお話を伺っていきたいと思います。ニコラス・ペタスさんはハーレーとYAMAHAのビックスクーター、500ccのTMAXを持っていらっしゃるそうですが、乗る時間はあるんですか?

ニコラス :ありますよ。大雨のとき以外は毎日、道場やジムに通うときに乗っています。電車に乗るのがあまり好きでないと言ってはアレなんですが、バイクに乗りたいんですよね。

鹿島 :ちょっとくらいの小雨だったら乗りますか?

ニコラス :乗ります、乗ります。けっこうな大雨の中でも乗ったことはあるんです。でも秋から冬になると、顔に雨があたるととても痛いんですよ。僕はフルフェイスのヘルメットではなくて、上にかぶるだけのものを使っていますから。アウトローというやつなんですけどね。

鹿島 :半キャップ式ですか。それは痛いですね。冬になると一層痛いですよね。肌に刺さりますものね。

ニコラス :はい。それがあまりにも痛いので、フルフェイスのヘルメットを1個買ったんです。ただあれはハーレーとか乗るときはダサいですよね。

鹿島 :テイストが合う、合わないという話ですね。それはあるかもしれませんね。

ニコラス :そうですよね。仕方なく顔にタオルみたいなものを巻いたりして、頑張って走っています。

鹿島 :ビックスクーターのTMAXに乗るときとハーレーに乗るときでは、やっぱりファッションも違いますか?

ニコラス :違いますね。ハーレーに乗るときは白か黒のTシャツにGパン、黒いブーツです。冬には革ジャンで乗りたいんですよね。スクーターは何でもアリといいますか、アロハシャツみたいな感じですね。練習に行くときはスクーターが多いです。

鹿島 :それはどうしてですか?

ニコラス :エンジンをかければパッと行けるので。しかも軽いし、乗りやすいですから。ハーレーはカギを4個付けているので、それを取り外すだけでも時間が相当かかるんです。アラームも付けているので、だれかが触ると「ピューピューピュー」と鳴るんです。すぐ窓から顔を出しますよ。

鹿島 :なんかそういうトラブルや危ない目にあったことがあるんですか?

ニコラス :まだバイクではないんですが、クルマでは今年ヒドい目に遭っているんです。ナビが盗まれたんですよ。カギを壊されて、入られて、荒らされて。

鹿島 :でもナビを盗むというと、配線ごとごっそり持っていったということですか?

ニコラス :そうですね。それでその後の話があるんですが、まだ屋根の上にGPSアンテナが付いていたんです。これは取り外せないものだから大丈夫と思っていたら、次の日に行ったときには屋根の上のGPSアンテナがなくなっているんですよ。

鹿島 :アンテナ部分もなくなっていたんですか?

ニコラス :はい。だから後から取りに来た感じですね。ヒドい話です。



next page
大山倍達に憧れて。