Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。
桜井賢 セナの走りが見たくてモナコまで!



テレビ中継にモノ申す!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :8月13日に「タンポポの詩(うた)」をリリース。これは「ドラえもん」のエンディングテーマですね。THE ALFEEヴァージョン、ドラえもんヴァージョンと2種類のジャケットがあります。これ・・・ドラえもんヴァージョンのほうが人気あったらどうするんですか?

桜井 :ドラえもんのほうが人気あるかもしれませんよ、世界的には!もうどちらでも結構でございますけど、やっぱり2つ揃えたほうがいいかなって気もします。

鹿島 :そうですね!クルマトークに戻りますが、最近はどうですか。サーキットに行っていますか?

桜井 :最近は鈴鹿サーキットにもあまり行けないですね。ちょうど秋のツアーとあたってしまうので、どうしてもテレビ観戦になってしまうんですが、国際映像しか入ってこなくて寂しいですね。前はフジテレビのカメラが入って細かいところまで映してたんですけどね。今はもう無理ですね。川井ちゃんも行ってなかったりしますもんね。まあでもいちおうF1だけは必ず見てますけど。

鹿島 :F1をテレビ観戦するときはどんな格好ですか?たとえばヘルメットをかぶってハンドルを握って・・・とか。

桜井 :フフ。僕はそこまではいってないですけどね。ごく普通に見てます。ある程度見てると、音がなくてもクルマの挙動がわかるんですよ。

鹿島 :すごいですね!

桜井 :あと最近ちょっとひとこと言いたいのは、実況アナウンサーにもう少ししっかりしてほしいですね。

鹿島 :と言いますと?

桜井 :いい加減な情報ばっかり入れたりね。だいたい彼らはテレビの画面を見てない!さっき後ろのほうで煙吐いたけど、だれ?っていうときに、さっさとリサーチ入れて発表しろよ、バカヤロー!って思いますけどね。

鹿島 :前のほうに注目しすぎて、後ろのほうで起きた事件に気づかない方もいらっしゃると。そういえば当初は古舘伊知郎さんがやられていましたよね。

桜井 :最高でしたね。

鹿島 :苦情も多かったらしいですけど、ファンも多かったそうです。

桜井 :最初の頃は慣れてないから苦情も出ましたけど、結果的には、みんな実況トークがある程度古舘さんのマネになってますよね。

鹿島 :ひとつの“モータースポーツ実況のかたち”みたいなものになっていますね。

桜井 :ですね。





驚愕の30度バンク!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :サーキットにはどんな思い出がありますか?

桜井 :僕らが小学生の頃に富士スピードウェイができたんです。そして僕らが高校を卒業したくらいにF1を2年ほどやってるんですよね。僕はその頃あまり興味がなかったんです。F1カーもパイプ型で大嫌いでした。なんてかっこ悪いんだろうと思ったんです。

鹿島 :いわゆる棒状の車体にタイヤが4つ剥き出しで付いているものですね。葉巻型とかいろいろな言い方がありましたね。

桜井 :そうそう。あれが嫌いでね。むしろGTの方が好きでした。トヨタ7とか。

鹿島 :レース専用の、タイヤが剥き出しではないものですね。

桜井 :富士スピードウェイもロングコースが6qで、バンクがあったんですよね。あのバンクが当時ものすごい迫力だったんです。テレビでしか見たことないんですけど。当時は日曜日の昼間くらいになるとGTのレースとかをやってたので、そういうのを見てました。

鹿島 :富士スピードウェイは1966年にできたんですよ。

桜井 :僕が11歳のときですね。その頃にレーシングカーのおもちゃが流行ったんですよ。あんまり高いのは買えなかったですけどね。パチンコ屋さんの2階とかに広いコースががあったんですよ。

鹿島 :スロットカート?

桜井 :そう。そのコースに、寿司屋の板前さんとかがお金を持ってるから高いのを持って遊びに来るんですよ。僕たちのクルマはモーターが縦に付いてて、1回ギアをかましてるから遅いんですよ。速いのは直接後ろのタイヤの横に付けるんです。それが欲しかったんですけど高いんですよ。

鹿島 :サイズ的にはミニカーサイズですか?

桜井 :いやいや1/24とかそれくらいかな。けっこう大きかったですよ。僕のはボディを付けると遅いんです。なんかタイヤが引っかかってたみたいでね。なんかあったんでしょうね。メカニックが弱かったです。

鹿島 :クルマは何だったんですか?

桜井 :マクラーレン・エルバです。

鹿島 :渋い。イギリスのレーシングカーですね。今でもお持ちですか?

桜井 :もうないです。今はフェラーリのモデルカーばっかりです。

鹿島 :本物もありますしね。

桜井 :いえ、たいしたことないです。

鹿島 :フフフ。来週もクルマトークをお願いしたいと思います。ありがとうございました。

桜井 :はい、どうも。ありがとうございました。







今週のゲストは、F1、スポーツカーをこよなく愛する
THE ALFEEベース&ボーカルの桜井賢さんでした。

ドライバーズサロン!
来週も桜井賢さんをお迎えしてお送りいたします。
どうぞお楽しみに!!



back page home