Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。
恩田快人 クルマ、バイク、ロック・・・ゴージャス!



サーキット付きの豪華ガレージ!?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :「ガレージライフ」というクルマのガレージだけを扱った、もうその筋の人にはたまらない雑誌がありますよね。

恩田 :知る人ぞ知る「ガレージライフ」。僕はファンで、創刊号から持っていますよ。もし自分が家を建ててガレージを作ることになったら、これを参考にしようと思っていましたから。

鹿島 :「ガレージライフ」のVol.16。開いてビックリです。恩田さんが出ていらっしゃいまして、これはすごいですね。大豪邸ですね。スタジオもあります。

恩田 :家を建てるんだったら、まず音を録れるところを作りたいなと思いましてね。やっぱりアルバムを作るんだったら、アーティスト写真を撮れる場所もあったらなあと。そうしたら、僕たちの仲間を集めて家でレコード、CD作り放題だなあと思ったんですよ。

鹿島 :これはおもちゃ箱みたいな感じですかね。

恩田 :もうぶっちゃけた話、あんまり出したくなかったんですけど、アルバムのプロモーションのためにはね。アルバムのジャケットも載っていますしね。これを載っけていただけるものなら、もういいやと思ってね。

鹿島 :ギターのコレクションといいますか、仕事道具が壁一面に貼り巡らされていますけど、ベースは何本くらいあるんですか?

竹内 :50〜60本くらいかな。ベースもそうですけど、家でレコーディングをするので、アコースティックギター、エレキギターなど。こういう音が欲しいなあというときに、その音を出せる楽器がないとその音は録れないので、今はドブロギターとか、ブルースに使われる「チェ〜ン!」という音が出るようなギターとか、必要な機材は全部集めています。

鹿島 :さらにベースやギターの前に、いわゆるスロットカート。超でかいサーキットがありますね。

恩田 :これは六畳に入るか入らないかくらいの大きさなんですよ。今は入らないと思いますけど。これを組み立てるのに1時間半かかるんですよ。それでバラすのに1時間半かかるんです。その間30分くらいしか遊べないんですよ。それだったらテーブルを作っちゃえと思って、近所の家具屋さんに作ってもらって、上にアクリル板を乗っけて、埃がかぶらないようにしてあるんです。

鹿島 :これで竹内さんは遊んだりしているんですか?

竹内 :うちのバンドはメンバーが多いんですよ。家としては非常に大きいところなんでしょうけども、そのサーキットがドーンと置かれていることによって、みんな一列に並ばざるを得ないんですね。これはどうしたものかなと思いつつも、勝てないなと思いますね。





フォーミュラカーのある生活。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :もうひとつびっくりしたのが、スタジオ兼ガレージにフォーミュラ・ニッポンのフォーミュラカーがありますけど・・・。

恩田 :はい。これは星野一義さんのチームのマジョーラインパルカーで、黒澤琢弥さんがフォーミュラ・ニッポンが始まった年に乗っていた本物のマシンなんです。

鹿島 :これが家にあるっていう人もそうはいないですよ。

恩田 :いや、僕のじゃないんですよ。マジョーラプロジェクトがスポンサーをしましたよね。チームが終わって、エンジンを抜いたものを、マジョーラの清水さんが買われたんですよ。それを置いておくところがないから、ウチに来ちゃったんです。

鹿島 :フォーミュラカーって独特のオーラみたいなものがありますよね。これが家にあるだけで気合が入ったりしませんか?

恩田 :オーラがありますね。またそれまでのフォーミュラのカテゴリーじゃなくて、フォーミュラ・ニッポンが始まった年のクルマってかっこいいじゃないですか。F1のクルマとほぼ同じ感じのシルエットでね。僕も毎日見ながらすごいなと思っていますけど、やっぱり家に初めて来た人が、とりあえず座ってみてもいい?って聞きますね。フフフ。

鹿島 :竹内さんも座りましたか?

竹内 :まだ座らせてもらえないんですよ。触っちゃいけない“禁断の園”のような感じがありますよね。この次行ったときに、ぜひ!

鹿島 :フフフ。さて今後もいろいろと予定があります。8月8日から10日にかけては東京ビックサイトでクルマ関連のイベントに出演。なんかHOT ROD CRUEって、名前もまさにクルマのイメージ。クルマとロックって感じです。

恩田 :やっぱりつながりがね。感じがね。ロック好きはクルマで流すのが好きだから。クルマ、バイク、ロックとかはつながっていると思うんだよね。

鹿島 :HOT ROD CRUEとしては今後はどんな感じなんですか?

恩田 :この夏のライブが終わって秋に入ったら、もうそろそろ次の作品を録りたいね。もう10曲くらいは曲選してあるんですよ。あれをやろう、これをやろうと決めています。

鹿島 :エンジン音がいるときは僕の持っているもので何かあれば。原付もありますので。

竹内 :あっ、いいですねえ。じゃ、原付にしよう!

3人 :フフフ。

鹿島 :恩田さんには2週に渡りましてお越しいただきまして、ありがとうございました。竹内さんもありがとうございました。また遊びに来てください。

恩田&竹内 :はい。ありがとうございます。







今週のゲストは、先週に引き続きまして、
ベーシストで元JUDY AND MARYのリーダー、
現在はHOT ROD CRUEを率いる恩田快人さんと、
HOT ROD CRUEのヴォーカル、竹内光雄さんでした。

ドライバーズサロン!
来週もすてきなゲストの方をお迎えしてお送りいたします。
どうぞお楽しみに!!



back page home