Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。

クルマ、バイク、ロック・・・ゴージャス!

(7月20日放送)
恩田快人さんのニューユニット、HOT ROD CRUE 恩田快人

1963年12月13日神戸生まれ。 ご存じ、元JUDY AND MARYのリーダーで、趣味はドライブのほかにミニカー収集など、クルマ好きとして有名。2001年、伝説となった「JUDY AND MARYラストステージ」の後、クルマ好きが高じて新しく組んだユニットの名前がその名もHOT ROD CRUE。7月16日に待望のファーストアルバム『HOT ROD CRUEZIN'』をリリース。7月20日には富士スピードウェイでライブを敢行するなど、精力的に活動中!

このコーナーではレース関係者はもちろん、車を愛してやまない人気アーティストをゲストにお招きして、カーライフやレースのエピソードなどその人物の本音にレーサー鹿島が迫ります。

今週のゲストは先週に引き続きまして、ベーシストで元JUDY AND MARYのリーダー、現在はHOT ROD CRUEを率いる恩田快人さんと、HOT ROD CRUEのヴォーカル、竹内光雄さんです。じっくりお楽しみください。


Born to be...Rock!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :今週のゲストはHOT ROD CRUE、恩田快人さんと竹内光雄さんです。よろしくお願いします。

恩田&竹内 :よろしくお願いします。

鹿島 :恩田さんは超の付くクルマ好きですが、竹内さんはどうなんですか?

竹内 :クルマは、細かいことはよくわからないんですよ。ただ乗るのは好きですね。よう親父のクルマを壊していました。あとは高校時代からバイクです。憧れはやっぱりハーレー・ダビットソン。これまで僕のまわりに、同じバンドのメンバーでこんなクルマ好きがいなかったもので、恩ちゃんと知り合ってからいろいろな細かいこと、たとえばマジョーラカラーっていったいどんな色っていうようなことを教えていただきましたね。

鹿島 :はい。

竹内 :挙句の果てに、ライブイベントではツインリンクもてぎや富士スピードウェイ、その道の人だったらよだれが出そうな場所で演奏させていただきました。僕としては実感の湧かないまま夢の中、あくまでテーマパークみたいな感じでね。細かいことは本当によくわからないんです。ただ好きは好きですので、今日はいろいろな会話を自分の辞書の中に入れていきたいなあと思っておる次第です。

恩田 :マジョーラプロジェクト(日本ペイント)のリーダー、清水さんのクルマ、カマロを狙っているんですよ。このクルマがいいって。

竹内 :もうね、ちっちゃいこどもと同じですね。ミニカーこれがいい、みたいな感じですね。大人の遊びはこの“クルマ”なのかなって。まずビジュアルから入ります。要はカタチっていうか・・・。

鹿島 :第一印象みたいな感じ。

竹内 :第一印象ですね。それがドーンと来たのが、マジョーラの清水さんのクルマ、カマロ。異常にかっこええと。

鹿島 :マジョーラという話が出ましたけど、HOT ROD CRUEは、スーパー耐久に出ている黒澤琢弥さん、影山正彦さんが道場という形式で若手を育てていくプロジェクトのスポンサーでもあるわけですよね。

恩田 :ちょっとだけやらせてもらっています。

竹内 :初めて知った・・・。

鹿島 :そのプロジェクトのクルマが、トヨタのアルテッツァのレースカー。色がマジョーラカラー。これは見る角度によって色が変わる“七変化”状態。

恩田 :そのクルマを最初にフォーミュラ・ニッポンで見たときは、なんだこれは!って思いましたね。向こうから走ってくるときは金色なのに、手前で緑に変わって走り去っていくんですからね。

鹿島 :あれはホントに不思議な色ですよね。

恩田 :不思議ですね。僕は最初にテレビで見たときから思っていましたから。実際にサーキットに行きたかったんですけど、あまり自分のオフを利用してただクルマを見にサーキットに行くということができなかったので、どうしようかなと思ってて・・・。じゃ、そういうところで演奏したらいいようなバンドを作っていこうかなと。

鹿島 :それがキッカケだったんですね。

恩田 :それもあります。

竹内 :そのカラーを我々もおもしろく見させていただきました。あのカラーはレーサーの方々の喜怒哀楽を表現するようなイメージがあるじゃないですか。それを我々もパクらせていただきたいなと思いました。僕はヴォーカルなので、マイクスタンドくらいしか見せられる部分というのがないんですね。マイクスタンドをマジョーラカラーにしたらどんな感じなのかなと思いまして、マイクスタンドを作っていただきました。

鹿島 :それはどんな感じですか?

竹内 :歌っている側としてはわからないんです。見ている方に批評していただきたいなと思います。

恩田 :もうバッチリですよ。そのマイクスタンドの足の部分はハンドル。クルマのステアリング。グルグル回るんですよ。

鹿島 :それは独立して立つんですか?

恩田 :立ちますけど、ステアリングの入っているマイクがクルクルあっちこっち向いちゃうんだよね。それは僕のクルマに付いていたものをはずして、マフラー屋さんに持っていって作ってもらったんですよ。

鹿島 :スペシャルですね。

竹内 :でしょ。それが僕の“クルマ”なんですよ。それをステージ上で操るということなんですよ。


next page
サーキット付きの豪華ガレージ!?