Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。 
野村義男 11月24日は、しびれさせますよ!!

シャンデリアはダメよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :クルマの方もかなりお好きだと伺っていますが、今までに何台ぐらい乗っていますか?

野村 :免許を取ったのが、19歳かな。それで家のクルマに乗りました。今までに何台だろう? ちょっと書こうかな。(書き始める)セダンから、次は・・・。

鹿島 :某有名フォードアスポーツカーセダンから、15年ぐらい前にデートカーとして人気だったあのクルマですね。

野村 :そうなの。これは白。今までのは両方とも白。そのあとは、これだ!

鹿島 :いわゆる4WD系のちょっとトラックっぽい、でも、うしろに人も乗れるよというクルマ。色は黒。

野村 :そうそう。これと同時進行でね・・・。

鹿島 :日本のオープンツーシーターブームの草分け的存在のクルマ。

野村 そう。これも黒。内装はカーキ色の革だったかな。

鹿島 :あらゆるタイプのクルマに乗ってますね。ここまでキャラが一つもかぶってないですから。

野村 :ポリシーないって・・・。それでこれがあって、今のだね。

鹿島 :欧州系の非常に頑丈なセダンにいって、今のボルボのワゴンになると。

野村 :そうですね。何台だろう、6台か。

鹿島 :すごいですね。フォードアセダン、ツードアデートカー、4WD、ツーシーターオープン、頑丈欧州系フォードアセダン、ワゴン。これでモトクロス車も乗っているわけですから、もうないでしょう。

野村 :バイク遍歴はすごい数!

鹿島 :何十台のレベルですか?

野村 :もう、憶えていないぐらい。

鹿島 :今は、バイクは持っていらっしゃらないんですか?

野村 :持ってない。野村モータースに帰ってバイクに乗ろうとすると、怒られるんです。「触らないで」って。うちでは、僕が一番力がないですから。姉と妹がいるんだけど、やつらの方がでかいバイクを操作しているぐらいですから。

鹿島 :そうなんですか。思い出に残っているクルマってありますか?

野村 :一番最初のクルマが家のクルマだったというのがあるんだけど、僕はクルマは、絶対にドアがでかくなければイヤなんです。

鹿島 :それは、なぜですか?

野村 :入りやすいし、乗り降りが楽なんです。ドアを開けた時に、4WDは狭かったんですよ。一枚あたりのドアの面積が小さい。ドアの長いのが好きなの。だから、どうしてもクルマが大きくなっていっちゃうね。

鹿島 :クルマの中は綺麗にしていらっしゃるほうですか?

野村 :きっと綺麗だと思う。相当綺麗だと思う。ただし土足はOKよ。スリッパとかはどうよ、ネ。クルマに乗った時に、みんな靴を忘れてきちゃうでしょう。シャンデリアもダメよ。夜はチカチカして運転しにくいでしょう。あれは、ネ!

鹿島 :なんか経験ありそうですよね。

野村 :ない、ない、ない。



マッチは気がつかないと思う・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ギタリスト・野村義男

鹿島 :11月24日に富士スピードウェイで、相当大掛かりな史上最大級のモータースポーツエンタテイメント、トヨタモータースポーツフェスティバルが行われます。野村さんはギターの演奏、スターティングセレモニーを行います。

野村 :そうなんですよ。こういうのは初めてなんでね。ちょっと頑張りたいと思います。

鹿島 :これはしびれます。今からしびれています。アメリカでは例えば、ダイアナ・ロスとかいろんな人が来て、国歌を斉唱したりとかして、どんどんテンションが高まっていったところで、シグナルがレッドからグリーンへ変わって、全車ホイルスピーンさせながら白煙を上げて出ていくという〜。いわゆる、ここの部分ですから。

野村 :かっこいい〜!そこの部分なんだー。どういう風になるか僕も想像がついていないのでね。

鹿島 :もうすぐですから。

野村 :そうなんだよね。よーし、風邪引かないようにしよう。

鹿島 :これはぜひともみなさんにも観に来ていただきたいと思います。マッチさんもいますから。お会いするのは、久しぶりじゃないですか?

野村 :すごい久しぶり。でも多分、ヤツは気がつかないと思う。やつの知っている僕と違うから・・・。

鹿島 :それはどういう意味でですか?

野村 :見た目のスペースがね。

鹿島 :ハハハ。

野村 :ホントに気がつかなかったらどうしよう・・・。

鹿島 :野村さんの最新情報としては、10月28日に「Funk Rocket」の新しいアルバム『Turbulence-3』がリリース。そして現在レコーディング中で、ニューシングルが1月ぐらいに出ると。

野村 :そうですね。それは「RIDER CHIPS」です。

鹿島 :いや〜話が尽きませんね。また時々、この番組に遊びに来てください。11月24日、富士スピードウェイで会いましょう。本当にありがとうございます。。

野村 :また呼んでください。おじゃましました。


 

今週のゲストはクルマを愛する、
あらゆる層から支持を受ける
スーパーギタリスト・野村義男さんでした。

ドライバーズサロン! 
来週も素敵なゲストの方をお招きいたします。
どうぞ、お楽しみに!!

 

back  home