Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。 

あなたのいい曲の1つに入れてください!

(9月15日放送)
noyori

noyori

福岡県出身の22才。幅広い声域でGOSPELからソウル、R&Bを歌いこなす実力派で、昨年リリースした限定アナログ盤は2,000枚を完売。 その後、数多くのボーカリストの中から『未来日記』初の新人アーティストによるテーマソングを唄うシンガーに抜擢された。 たった一度の楽曲オンエアが予想以上の反響を呼び強烈な印象を残すことに。

この夏には『北の国から』で知られる杉田成道演出の舞台『儚 HAKANA』(主演:井川遙)にも出演。 『secret Love』をはじめ、数々の大ヒットを生んだ「未来日記」のテーマソングで構成される1stアルバム『未来日記メモリアルベスト』を9月26日にリリース!


このコーナでは、レース関係者はもちろん車を愛してやまない人気アーティストをゲストにお招きして、カーライフやレースのエピソードなど、その人物の本音にレーサー鹿島が迫ります。

今週は、9月1日に池袋アムラックス東京で行われた公開収録・トーク&ライブスペシャルVol.2です。TBS系、あの「未来日記」のテーマがロングランヒットとなったnoyoriさんです。じっくりお楽しみ下さい。
  
 



深夜の階段猛ダッシュ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :プロの方にこんなことを言っては失礼なんですけど、声帯とお友たち!?って感じですよね。

noyori :ありがとうございます。

鹿島 :noyoriさんは、昔から歌が上手かったのに加えて、さらにすごいトレーニングをやっていたそうですね。

noyori :そうですね。レッスンをやっていたところが、5階建てのビルだったんです。そのビルの1階から5階までを、レッスンが終わった夜中の1時過ぎ頃から猛ダッシュで5往復していました。

鹿島 :すごいですね。足とかパンパンになりますよね。

noyori :はい。なりました(笑)。

鹿島 :地元の福岡でアマチュアの音楽コンテストに出て、あの氷川きよしさんを破って優勝したことがあるそうですが、その時は何を歌われたのですか?

noyori :その時は、うちの姉とデュエットしたんです。ファンク・ザ・ピーナッツの『恋の罠仕掛けましょ』です。

鹿島 :お姉さんも歌が上手いんですか?

noyori :姉は今、地元で歌の講師をやっています。

鹿島 :先生なんですね。音楽一家なんですか?

noyori :はい。ちっちゃい頃から音楽が周りにありました。

鹿島 :これはご両親の影響ですか?

noyori :そうですね。両親もそうですし、親戚ぐるみで・・・はい。

鹿島 :親戚ぐるみで! もしかして、年末年始など一同が会するイベントの時は、カラオケセットがあったりして・・・。

noyori :そうです。あと、手拍子でアカペラで唄ったりとかします。

next page
地図とかも全然見ないで適当に行っちゃう・・・