Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。 

あれから1年、みんなHAPPYになろうよ!

(9月8日放送)
TAKUYA

TAKUYA

生年月日:1971年9月9日
血液型:O型
出身地:京都市

1993年2月、JUDY AND MARYに正式メンバー(ギタリスト)として加入。 シングル『POWER OF LOVE』でデビュー。 YUKIのヴォーカリストとしてのカリスマ性、TAKUYA、恩田の卓越したメロディセンスから生まれる楽曲で一世を風靡しながら、昨年解散。
今年4月、ソロデビューに向けて、TAKUYAとしてレコーディングを開始! 9月11日ファン待望のソロ・デビュー・シングル『i love you』をリリース!!
ポルシェ、アメリカンビンテージカーを所有するクルマ好きとしても有名。


このコーナでは、レース関係者はもちろん車を愛してやまない人気アーティストをゲストにお招きして、カーライフやレースのエピソードなど、その人物の本音にレーサー鹿島が迫ります。

今週は、9月1日に池袋アムラックス東京で行った公開収録・トーク&ライブスペシャルVol.1です。元JUDY&MARYのTAKUYAさんです。じっくりお楽しみ下さい。
  
 



このまま忘れられたら・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :みなさん、大きな拍手でお迎えください。TAKUYAさんの登場です。

TAKUYA :どうも、こんにちは。

鹿島 :よろしくお願いします。みなさんが心待ちにしていたソロデビュー。いかがですか?

TAKUYA :先週ぐらいからいろいろ仕事が始まってきて、まだ、慣れない感じですね。まあ、楽しくネ。

鹿島 :1年間ほど、ロンドンにいらっしゃったと聞いているんですが・・・。

TAKUYA :メインはロンドンですね。その他に、この1年だけで6カ国ぐらい行きましたけど、ほとんどロンドンです。

鹿島 :TAKUYAさんも、相当なクルマ好きと伺っていますが、今、クルマは何台お持ちですか?

TAKUYA :2台ですね。1台はポルシェで、もう1台は、’60年代の古いアメ車です。

鹿島 :スタッフの方にお聞きしたんですけども、2年ぐらい掛けて修理して仕上げたそうですね。

TAKUYA :なんか、実際掛かってしまって、修理しているのを忘れてましたね。部品が見つからなかったみたいです。

鹿島 :2年間ずっと修復し続けたわけではなく、部品を探すのに1年9ヶ月ぐらい掛かったとか?

TAKUYA :みたいですね。僕も本当に、ほとんど忘れていましたね。今年の1月ぐらいにEメールで連絡が来たんですけど、イギリスに移っちゃったから、このまま、スーっと忘れられるといいなと、ハハハ・・・。それからまた、半年ぐらい掛かりました。

鹿島 :何に、半年掛かったんですか?

TAKUYA :サイドミラーが、1個見つからないって。

鹿島 :ということは、現代のパーツで代用するのではなく、当時のオリジナルのパーツをつけていくという作業をしていたわけですね。

TAKUYA :昔のアメ車って、右側のサイドミラーがないんです。日本ではそれではダメだから、同じものを逆向きにつけるというのをね。

鹿島 :そのクルマには、もう、乗ったんですか?

TAKUYA :ちょっとだけ乗りました。でも、すでに1回止まりました(笑)。エンジンの接触か何かでね。でも、そんなものかなって思っています。

next page
なるべくちっちゃな愛から始めましょう〜みたいな・・・