Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。 
 
山下久美子 自分だけの特別な時間!!

いきなりカンツォーネとか・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :十勝24時間耐久レースの面白さ、魅力を簡単にご紹介いただくと、何でしょうか?

ヒロミ :基本的に、24時間のレースですから。24時間レースは、ル・マンとか世界的にもいろいろあるじゃないですか。僕は、クルマは違っても、気持ちは同じだと思うのね。メカニックでも、僕らでも、見ているお客さんでもね。24時間何かをやるというのは、別にクルマに限らず、たとえば、自分の中で、「今日は24時間寝ないでテレビを見るぞ。」と決めて、24時間テレビを見きった時には、たぶんなんか充実感があると思うのよ。

鹿島 :確かに。

ヒロミ :これは、何でも一緒だと思うんだけどね。それのクルマバージョンということです。

鹿島 :そういう意味では、24時間テレビなどど共通点があるんじゃないですか?

ヒロミ :あると思いますよ。僕も、昔やったことがありまして、24時間やっていると、最後には感動したりしてね・・・。

鹿島 :フフフ。


伝統の「十勝24時間」で見事3位表彰台を獲得
▲伝統の「十勝24時間」で見事3位表彰台を獲得


ヒロミ :何でも、プロジェクトをやり遂げるというのは、その達成感が、辛くても、また次やろうと思わせちゃうんじゃないですか。多分、やっている時はすごい辛いですから。ドライバーの方、誰に聞いても「もう、ヤダ、。疲れたよ。」とみんないうんじゃないかな。でも、そう言いながら24時間走りきろうというのが、みんなベースですから。

鹿島 :24時間乗るのは大変ですよね。

ヒロミ :うちのチームは、3人だからね。1人、若いからちょっと多めに乗ってもらっても、今回はいつもよりきついかな。その若いのと僕ともう1人、西沢といって、今年、去年とル・マンに出ているドライバーだからね。今年は、ル・マンで3位に入ってますから。年は僕と同じで、おじさんなんですけど(笑)、まあ、3人で頑張った結果、いいところにいけたらいいなと思います。

鹿島 :今年のスーパー耐久レースシリーズでは、第2戦の仙台から参戦で、4位、5位、6位と確実に・・・。

ヒロミ :下がっていると(笑)。

鹿島 :いえ、ポイントを取って、完走していますね。

ヒロミ :クルマも僕も、まだ全然慣れていないんです。脇坂寿一もこういうクルマに乗るのは初めてだから、正直、戸惑っているところもあるみたい。

鹿島 :はは。

ヒロミ :クルマも今年作ったばかりだから、データがないんだよね。それをちょっとずつ合わせて、よくはなっていると思うけどね。



フルコーラスの感動を!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :「十勝24時間」の特色は、なんと言っても夜の走行だと思うんです。

ヒロミ :夜、ちょっと目が弱いのでコンタクトを入れたんですけど、なんかそれが痛かったので、また違うのを入れたりして。だいたい夜は怖いよね。もうさ、人が走っている間は、花火とかやめて欲しいんだよね(笑)。

鹿島 :ハハハ。

ヒロミ :お祭りだから、レース中に花火が上がるじゃない。それをついつい見ちゃうと、どこを走っているかわからなくなるしさ・・・。

鹿島 :日中、お客さんの表情とか見えますか?

ヒロミ :見えますよ。北海道でレースってそんなにないから、お客さんも楽しみにしていると思うし、一緒にずっと起きている人もいるだろうしね。

鹿島 :「十勝24時間」の場合、コーナーでお客さんがバーベキューやったりしてますよね。

ヒロミ :ああいうのがホントの楽しみ方なんだろうね。聞いた話なんだけど、ル・マンでは、みんな、レースを見るのが2〜3で、あとの7〜8は飲んで騒でるっていうじゃない(笑)。ル・マンの日は、24時間騒いでいても、飲んでいてもいいんだという日、という感じなんだろうね。だから、日本もモータースポーツは、観ることだけじゃなくて、そこに来て、楽しむ方法を見つけないといけないんじゃないかなと思うんだよね。

鹿島 :はい。

ヒロミ :カッコイイとか速いとか、もう、そんなことはわかりきっている話で、じゃ、サーキットに行ったら何が楽しいの?というのが、課題なんだと思うよね。たとえば、うちのスタッフでも「レースが観たい」と言うとさ、「観るんじゃなくて、お前は今日、チームで水持ち係りな。誰かが来たら水をやってくれ」って言うとさ、参加しているから楽しいんだよね。

鹿島 :いいですね。

ヒロミ :まあ、一般のお客さんは、観ているだけなのかもしれないけど、誰が1位だっていうのも気になるだろうけど、特に24時間レースは、いろいろ楽しんだほうがいいと思いますね。




今週は、北海道「十勝24時間スペシャル」。
日本で最も長くて過酷な
「十勝24時間耐久レース」に出場された、
ヒロミさんに密着取材しました。

ドライバーズサロン!
来週も、ヒロミさんのインタビューの模様を
お届けします。
どうぞ、お楽しみに!!

 

back  home