Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。 
 
近藤真彦 F1レーサーを育てる、これも夢!

わがままがいいよね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :杉山さん以外の方はどうなんですか?

澤 :私、古澤は今は、ゴルフのカブリオレに乗っています。'93年の最終モデルで丸目のちょっと四角っぽいその形が好きなのです。出来はいいですよ。最終モデルは、そのモデルの中では、一番中身が充実しているじゃないですか。そういうのを狙って買うんです。

鹿島 :狙って買う?

古澤 :しばらく乗ろうと思っていたので、なるべくギリギリの新しいモノにしてくれてって言って、中古屋さんで探してもらったんです。

鹿島 :何年ぐらい乗っていらっしゃるんですか?

古澤 もう、4・5年ですかね。

鹿島 :この時期、カブリオレは気持ちがいいですよね。

古澤 一度オープンカーに乗ってしまうと、もうその味を占めてしまって、屋根が付いているクルマに乗りたくなくなって来ちゃうんですよね。開けたい時に開けられないというのが、辛いような気がして…。

鹿島 :他に今、気になっているクルマはありますか?

古澤 前から、BMWのZ3は欲しいんですけど、2人乗りだと不便な感じがして、どうしようかなと。4人乗りでもうちょっといいのがないかなって思っています。

鹿島 :古澤さんは、人を乗せたりすることが多いんですか?

古澤 そうですね。

鹿島 :みなさんもお乗りになるんですか?

杉山 :誰かがクルマで来たら、送ってもらったりしてます。

古澤 僕が2人乗りを買っちゃうと、どっちかしか乗れなくなりますからね。どっちかは電車で帰ってもらうことになりますから(笑)。

鹿島 :みなさんもお乗りになるんですか?

ミズノ・杉山 :フフフ…。

エンジン音がBGM。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :ミズノさん、クルマは?

ミズノ :私は、実家がある名古屋に帰った時しか乗ってないです。仕事の帰りとかは、どっちかに乗せてもらってますから。

鹿島 :名古屋のご実家のクルマは、どんなタイプのクルマですか?

ミズノ :普通のセダンで、でも、どちらかというと走り屋の人が乗っているやつです(笑)。

杉山古澤 ハハハ。

鹿島 :みなさんもお乗りになるんですか?

杉山 :誰かがクルマで来たら、送ってもらったりしてます。

古澤 僕が2人乗りを買っちゃうと、どっちかしか乗れなくなりますからね。どっちかは電車で帰ってもらうことになりますから(笑)。

鹿島 :フフフ。運転は上手ですか?

ミズノ :自分では、上手だと思うんですけど。名古屋って結構走り方が凄いって言うじゃないですか! 名古屋走りって!!

鹿島 :名古屋走りって?

杉山 :道が異常に広いんだよね。

ミズノ :そうなんです。だから、車線変更の嵐なんです。あと、こんな事言ってはあれですけど、隣の信号が黄色になったら、もう出発準備!みたいなところがありますね。

鹿島 :マジですか。名古屋走りのアドバイスをしてください。

ミズノ :もう、だから、せっかちになることですね。ハハハ。

鹿島 :フフフ。せっかちになるというのは、冗談にしても、慣れないところに行ったら、回りをよく見ることですね。

ミズノ :そうですね。

杉山 :そういう時に、paris matchのアルバムを聴いてもらって、カームダウンするとか。

ミズノ :そう。心にゆとりを持たせる。

鹿島 :いろいろなお話をお伺いしました。来週もよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

3人 :よろしくお願いします。ありがとうございました。

 

今週のゲストは、この夏、
ドライブシーンにいち押ししたい
最強の気持ちいい系ユニット、
paris matchの3人でした。

ドライバーズサロン!
来週もparis matchの3人を
お迎えしてお送りいたします。
どうぞ、お楽しみに!!

 

back  home