Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。 
 
近藤真彦 F1レーサーを育てる、これも夢!

わがままがいいよね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :『ヨイショ!'02〜日本の皆さんをホメていきまショー〜』のノベルティグッズが今ここにあります。

近藤 :塩なんですよ。

鹿島 :よい塩。ヨイショ。これは、決めましたね(笑)。

近藤 :ちゃんと赤穂の焼き塩とかで、いい塩なんですよ。これ、馬鹿馬鹿しくって、僕は気に入って家で使っています(笑)。

鹿島 :これはいいです。僕も、これからロスの家に帰りますので、持っていきます。
 
近藤 :鹿島さんは、どのくらいのペースで行ったり来たりしているのですか?

鹿島 :月の半分ですね。

近藤 :いいところですよね。僕もロスで、うちのかみさんと一緒に、うちに大きな犬がいるので、そいつの合羽を買いにペットショップに行ったんですよ。日本では、なかな手に入らなかったので、ロスならいろんなものが手に入るだろうと思ってね。合羽を探して何軒もペットショップを回ったら、ないんですよ。「何でロスには、犬の合羽は、置いてないんだ」って文句を言ったら、「あなたは日本人でしょ。ロスは雨は降りません」って。

鹿島 :ハハハ。確かにそうですよね。

近藤 :そうなんだよね。傘も要らなきゃ、合羽も要らないんだよね。

鹿島 :ワンちゃんとのふれあいというのは、結構心をほぐしてくれたりしますよね。

近藤 :犬って、僕に気を使わないじゃないですか。僕が忙しくて大変でも、遊んでくれってくるじゃないですか。あのわがままさがいいなって。家に帰って奥さんが、僕が疲れていると、「大変だったでしょ」と言ってくれるのはありがたいんだけど、犬は何も言わないじゃないですか。そっちの方がよかったりするんだよね。

鹿島 :一緒にドライブに行ったりしますか?

近藤 :しますよ。

鹿島 :川原とか海とかに行くと、すごいことになりませんか?

近藤 :もう、大変。クルマから降りた途端に走って行っちゃうんだもん。走って行ってドボンと入っちゃうでしょ。待て!って言えないんだよね。海なんかに行くと潮の匂いでわかるのね。海だ、海だ・・・って。

鹿島 :フフフ。

近藤 :もう、あきらめようと思ってます。ドアを開けるとそのままダーッと行って飛び込んじゃいますよ。たまに、釣りをやっている人の横に飛び込んじゃうから、怒られてね。もう、犬はわがままだね。



エンジン音がBGM。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :ご自分でドライブしているときに音楽は聴くほうですか?

近藤 :あんまり聴かないんだよね。どっちかというと、クルマの音を聞きたいほうだから・・・。

鹿島 :両サイドがブロック塀の狭い路地に入って、ウィンドウを開けてエンジン音がはね返ってくるのを聴いたりなんては?

近藤 :僕は、トンネルでやりますよ。トンネルでみんなは窓を閉めるのに、僕はエンジンの音が聴きたくて開けますから(笑)。

鹿島 :フフフ。

近藤 :なんか、音楽とクルマって、近いところにあるよね。

鹿島 :2週に渡っていろいろなお話を伺って、本当にありがとうございました。

近藤 :ありがとうございました。



 

今週のゲストは、先週に引き続きまして、
近藤真彦さんでした。

ドライバーズサロン! 
来週も素敵なゲストの方を
お迎えしてお送りいたします。
どうぞ、お楽しみに!!

 

back  home