Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。 

衝撃!まさかこれほど好きだとは!!
 
(2月10日放送)
SILVA SILVA

生年月日:1975年9月9日
血液型: O型

14歳の時から声楽を学び、高校のときにヒップホップと出会う。 その後チャカ・カーンに大きな影響を受けR&Bに傾倒する。 1998年10月7日Boogalooレーベル第1弾アーティストとしてシングル『Sachi』でデビュー。
現在、ニューMAXIシングル『メトロのように』が好評発売中!

このコーナでは、レース関係者はもちろん車を愛してやまない人気アーティストをゲストにお招きして、カーライフやレースのエピソードなど、その人物の本音にレーサー鹿島が迫ります。

今週は、久々に女性ゲストが登場! 力強く伸びのあるボーカルで、我々のドライブシーンをゴージャス&メローにサポートしてくれるSILVAさんです。じっくりお楽しみ下さい。
 



歴史は86レビンから始まった!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :今週のゲストは、このお方です。

SILVA SILVAです。初めまして。よろしくお願いします。


鹿島 :よろしくお願いします。SILVAさんは、相当なクルマ好きらしいですね。ある情報筋によりますと、とんでもないクルマ歴を持っているとお聞きしました。

SILVA とんでもないと言いますか、女性にしては子供の頃からクルマは好きでした。


鹿島 :今はどんなクルマに乗っていますか?

SILVA 今は、4駆の某外車です。


鹿島 :これまでに何台ぐらい乗られたんですか?

SILVA 自分で買ったモノ、お借りしたモノを入れて十数台はあると思います。値の付かないポンコツ車を含めてですけど・・・。

鹿島 :ハハハ。最初のクルマはなんですか?

SILVA トヨタのレビンです。赤で下が黒。トヨタ車は父が愛用していて、1回、浮気をしたことがありますけど、父はトヨタ党です。今は新しいセルシオです。革シートにしてフル装備で乗ってます。セルシオが大好きですね。私が小学生ぐらいの時にセルシオが登場してから、ずっと乗っているんじゃないですか。

鹿島 :クルマ好きになったのは、お父さんの影響もあるんじゃないですか?

SILVA ありますね。子供の頃に運転がしたい、と思ったんです。ミッションにギアを「カッ」と入れるスポーツカータイプに乗るのが憧れだったんです。

鹿島 :なぜですか?

SILVA うちの母が、私が生まれる前にすごい有名なスポーツカーに乗っていたんです。格好いいクラシックカーみたいな赤のオープンカーです。

鹿島 :フフフ。白いブーツで赤のオープンのスポーツカー。なんだか時代がわかるような気がします。

SILVA わかりますか。

鹿島 :お父様とお母様の影響を受けてクルマ好きになったという感じですね。

SILVA そうですね。私は、クルマは自分で運転する方がいいんです。助手席だと、いまだに酔っちゃうので。

鹿島 :SILVAさんを助手席に乗せて運転する方は、緊張しますね。

SILVA 運転する人に文句ばかり言ってます。ゴメンナサイ。すみません。




 

next page
カートやりたいんです。ぜひ、やってみたいんです。