Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。 

レーサーになるために生まれた男・・・
ロジャー安川
            (1月20日放送)
生年月日: 1977年10月10日
身長: 170センチメートル
体重: 66キログラム
出身地:ロサンゼルス
語学:日本語・英語・イタリア語

ロジャー安川
米国生まれの日本人レーシングドライバー。10歳の時にレーシングカートデビュー、小学校卒業と同時に親元を離れて欧米へ渡り、ホームステイをしながらカート修行。「ジュニア・世界選手権」出場後、本場イタリアでのカ−ト修業を決意、16歳からイタリアで一人暮らしを始める。イタリア3年目にしてトップドライバ−の仲間入りを果たし、「イタリア中部選手権」でシリ−ズチャンピオン獲得。その後、米国に戻り、「バーバーダッジ・プロシリーズ」でルーキーオブザイヤーを獲得するなど活躍。

今シーズンは、米国最高峰の「CARTシリーズ・チャンプカー」を目指し「トヨタ・アトランティックシリーズ」に参戦!

もっと詳しく知りたい方はこちらを
ロジャー安川オフィシャルサイト

http://www.rogerspeed.com/
   
  このコーナでは、レース関係者はもちろん車を愛してやまない人気アーティストをゲストにお招きして、カーライフやレースのエピソードなど、その人物の本音にレーサー鹿島が迫ります。

今週のゲストは、ロサンゼルス生まれの日本人ドライバー、アメリカンモータースポーツの最高峰「CARTシリーズ」を目標に米国で活躍中のロジャー安川選手です。じっくりお楽しみ下さい。
 



サラブレッドの武者修行!?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :今週のゲストは、ロジャー安川選手です。よろしくお願いします。

ロジャー よろしくお願いします。


鹿島 :ロサンゼルスで生まれて、日本には小学生時代の6年間、住んでたんですよね。

ロジャー はい。


鹿島 :そもそも、レーシングドライバーを目指そうと思った理由は何ですか?

ロジャー 僕の場合、恵まれた環境にあったと言うのが、一番正しいと思います。うちの父が、F1のマクラーレンチームのマーケティング部でビジネスディベロプメントという仕事をしていたんです。その影響が強かったと思います。


鹿島 :物心がついた時には、レースを観に行ったり、有名なドライバーが家に遊びに来たりという環境ですか?

ロジャー そうですね。1歳の時に、カリフォルニアのロングビーチでF1のレースを、ヘリコプターから見ました。全然記憶にはないんですけどね(笑)。それが初めてだったみたいです。

鹿島 :初めて出たレースは、レーシングカートですか?

ロジャー はい。米国で、12歳の時に出たレーシングカートのレースです。この時は2位だったんですけど、女の子が1位で僕が2位。正直、すごい悔しい思いをしたレースでした。自分的には全然納得がいかず、頑張って練習して、その次のレースで勝ちました。

鹿島 :その後、米国を飛び出して、イタリア・イギリスにも行くんですね?

ロジャー レーシングカートでは、米国よりイタリアのほうが盛んでレベルが全然違うんです。これはイタリアにいなければ世界のトップレベルとは戦えないと思ったので、イタリアに行きました。

鹿島 :それは単身乗り込んで!という感じですか?

ロジャー 最初の2ヶ月は、元F1ドライバーのイーバン・カベリさんの家にホームステイをさせていただいていたんです。その後は、一人暮らしです。

鹿島 :イタリアの頃の想い出と言えば、何ですか?

ロジャー レースに行くのにチームのメンバーと一緒に行動していたんですが、イタリア人は、ワイン・パスタ・コーヒーなど食べ物や飲み物にすごいこだわりがあるんです。海外遠征して、フランスやベルギーに行っても、イタリア料理しか食べないんです。

鹿島 :はは。

ロジャー 遠征の移動でイタリアから出る寸前の高速道路のインターチェンジで、必ずコーヒーを「最後の一杯!」って飲んで行くんですよ。これを10回ぐらい(笑)。すごいこだわりがあるんです。

鹿島 :なるほど。イギリスはどんな感じでしたか?

ロジャー イギリスはそんなに長い間滞在していないんですけど、イギリスは、やはり天気が悪いというイメージが残っています。逆にいつも悪いので、それが普通になっちゃうんです。


鹿島 :慣れてきちゃう!

ロジャー はい。サーキットで走行するのも雨が多いんです。米国のロスなんかはずっと晴れなんです。雨が降ると、昔はそれこそレースが中止なっちゃうんです。雨の中でのレースや走行なんかやったことがなかったんです。イギリスに行ったらほとんどが雨なので、それが当たり前になっちゃいました。


鹿島 :雨のサーキットのいいトレーニングになった?

ロジャー そうですね。米国に戻ったら、雨の中で大活躍です! 昨年も雨のレースで初めて表彰台に上がれたんです。




 

next page
チームもファンも一緒になってやるということにおもしろみがある・・・