Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。 
"クルマ"ネタの宝庫!? move

マメ知識です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

MOTSU
鹿島 :ところで、最近、クルマにまつわる出来事は何かありますか?

MOTSU 最近、鍵をなくしたんです。クルマの鍵と家の鍵と・・・。でも、13年落ちのクルマだから、昔の鍵だから合鍵を作るのが一瞬だからよかったですけど、今の鍵だと、何週間も掛かったりするらしいですよ。

鹿島 :今のは電子チックですからね。それでどうしたんですか?

MOTSU マネージャーが合鍵を持っていてくれたので、クルマはよかったんですけど、家の鍵は、もう、スペアがなかったんですよ。それで、最近、ピッキングとかが多いじゃないですか。このチャンスに、穴ぼこの開いている格好いい鍵にしました。

鹿島 :よかったですね。事なきを得て。YURIさんは何かありましたか?

YURI YURIは出先でバッテリーが上がっちゃって、それをかけようとしたら、セキュリティーを付けていたから、すぐに、「ヒュン、ヒュン」となるんですよ。結局、クルマ屋さんに来てもらって見てもらったら、オルタネーターが寿命だったと言われて、修理代が結構なお金になったんです。思わぬ出費でした。

鹿島 :要は、電気がもう、発電されない状態になっていたんですね。でも、年頃の娘さんから、オルタネーターという言葉が出るとビックリしますね。

YURI 私も今回覚えました。

MOTSU 鍵をなくしたりとか、バッテリーが上がっちゃった時のあの喪失感っていいますか、「うわーマジかよ。めんどくさい」ってありますよね。

YURI 忙しい時に限って何かあるんですよ。

MOTSU とりあえず、あれを積んで置いた方がいいね。繋ぐ+と−のやつ・・・。

鹿島 :黒と赤のコードですね。

YURI あれを積んでいなかったから大変だったんですよ。

鹿島 :僕は一番長いモノを積んでます。どんな状況で止まるかわからないですから。駐車場とかでも、バッテリーが載っているところ同士をくっつけられるとは限らないわけですから。

MOTSU たとえば、街道沿いとかで、頭と頭をくっつけられない状況ってありますね。

鹿島 :長いといいですよ。値段はそんなに変わらないですから。

MOTSU これはマメ知識!

鹿島 :あんまり長くてもどうかなと思いますけど・・・。

MOTSU 30メートルぐらいとか。

鹿島 :そんなのないですよ。





2002年は発明の年!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

YURI

鹿島 :YURIさんは、パンクもしたそうですね。

YURI ついてないですよね。別に砂利道ではないんですけど、雨があがってちょっとだけ砂利が出ているところをたまたま通ったら、走っている時に「カーン」と音がしてパンクしたんです。

鹿島 :いきなりきたんですか。

YURI 途中から、「これは」と思って、クルマ屋さんに持って行こうとしてたら、その途中で「カーン」と音がして車体が傾いていました。なんか「カタンカタン」と、引っかかるような音がしていたんです。おかしいなと思っていたから、ゆっくり走ってたんですけど。

鹿島 :もう、すでにその時にきてたのかもしれませんね。さて、12月31日、ライブですね。

MOTSU ヴェルファーレです。毎年、年収めライブをやってまして、いつもはカウントダウンライブなんですけど、今年、ヴェルファーレは、カウントダウンがトランスなんです。ですから、わりと早い時間です。

鹿島 :「avex J-POP 2001 Final Live」開演が夕方の5時。もう、お忙しいですね。

MOTSU 大晦日は、ずっとそこでライブをやっているので、それで年が納まった感じがします。

鹿島 :2002年のmoveは?

MOTSU 現在、アルバムの制作に入っているんですけど、2002年は、もう1枚シングルを出してから、アルバムに突入です。毎年、この時期はレコーディングなんです。

鹿島 :そうなりますと、みかんやお餅といったような差し入れが届いたりしますか?

MOTSU 柿とか、誰かスタッフの実家から送られてきたモノがあったりします。あれ、なんで喰いきれないのに、送ってくるんでしょうね。親って不思議ですよね。

YURI 大量にね。

鹿島 :それでも少ないくらいと思っているんでしょうね。最後に、ファンのみなさんにひと言ずつお願いします。

YURI 来年(注:2002年)、年が明けたらシングル、アルバムと出してライブとかもやっていきますので、来年(注:2002年)も応援してください。

MOTSU 僕たちは、今、ずっとトランスをやっているんですけど、トランスの新しいライブのスタイルを2002年に発明してみたいと思います。

鹿島 :わかりました。本当に今年(注:2001年)もお世話になりまして、ありがとうございました。

MOTSU、YURI ありがとうございました。

 

2001年最後のゲストは、今年もきっと私たちに
最高のドライブ&ダンスミュージックを届けてくれるスーパーなユニット、
moveのYURIさんとMOTSUさんでした。

ドライバーズサロン!
来週も素敵なゲストをお迎えしてお送りいたします。
今年もどうぞよろしくお願いします!!

 

back  home