Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。 

それぞれ楽しんでます

ヒステリック・ブルー  (8月26日放送)
ヒステリック・ブルー
-- Profile --

Hysteric blue
1998年10月31日に『RUSH!』でデビュー。
2ndシングル『春〜spring〜』が大ヒットして一躍人気者に。ヴォーカルのtama、ドラムスのたくや、ギターのナオキの3人とも大阪出身。
約9ヶ月ぶりファン待望のニューシングル『Reset me』が8月22日にリリース!
この秋は学園祭ライブが目白押しです。

このコーナでは、レース関係者はもちろん車を愛してやまない人気アーティストをゲストにお招きして、カーライフやレースのエピソードなど、その人物の本音にレーサー鹿島が迫ります。

今週は、8月11日、土曜日に東京・池袋のアムラックス東京で行われました公開収録イベントシリーズVol.2。Hysteric Blueです。お楽しみ下さい。



対照的な3人
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :今週のゲストは、Hysteric Blueのみなさんです。よろしくお願いします。

3人 :よろしくお願いします。

鹿島 :夏を楽しんでいますか?

たくや ばっちり楽しませてもらってます。


鹿島 :以前、ご出演頂いた時には、いろいろとクルマトークで盛り上がりました。あの時はたくやさんは、免許を取って新車を買ったばかりでしたよね。

たくや そうですね。この前、やっと1年経ちまして、若葉マークが取れました。だから、調子はいいと思います。無事故で1年迎えましたし・・・。


鹿島 :ナオキさんの方は、クルマを買い換えたばかりでした。

ナオキ :そうですね。原型をとどめなくなってきています(笑)。かなりいじってチェーンナップされてます。


鹿島 :噂で聞いたんですけど、相当、改造費を掛けているそうですが・・・。

ナオキ :そうですね、車両1台分ぐらい掛かってます。

鹿島 :ボーカルのTamaさんとしては、どうですか。ナオキさんのハマリようは?

Tama :あっ、でもね、クルマを見た事ないんですよ。

鹿島 :えぇ!?

Tama :仕事の時は、乗ってけえへんし・・・。色が赤らしいというのは、聞いてるけど・・・。

鹿島 :仕事の集合時には、基本的には乗らない。それはたくやさんもいっしょですか?

たくや はい。なんかあった時に、何もできませんからね。禁止されてます。


鹿島 :ナオキさんは、出来れば毎日クルマに会いたいんじゃないんですか?

ナオキ :まあ、そんな感じですね。

鹿島 :対照的に、たくやさんは、割とクルマを道具として考えていますよね。

たくや 僕は、もう、道具ですね。荷物運びとかに徹しています。スポーツドライブみたいなのは、全然しないですね。


Tama :たくちゃんは、ホントにクルマの話をしないですよ。

鹿島 :ところで、音楽関係者ってクルマ好きの方が多いですよね。

ナオキ :めっちゃ多いですよ。

たくや ナオキくんは、それ専門、おまかせです。

ナオキ :マニアックな話が多いんです。クルマや楽器のマニアックな話がね(笑)。

 

next page
サマー・ドライブ in 淡路島・・・