Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。 
 




鹿島 :松本さんは、いつぐらいからクルマが好きなんですか?

松本 :小さい頃から好きでした。最初はオートバイかもしれません。あの、仮面ライダーとか、キカイダーとか…

鹿島 :そういえば、子供の頃、バイクに乗ってヒーローが登場するのがありましたね。ヒーローイコールバイクというイメージが確かにありました。そんなところに感化された部分もあるわけですね。

松本 :やっぱりありますね。

鹿島 :ということは、最近は4輪のレースに出られていますが、将来的にはバイクのレースに出場。

松本 :いや、どうですかね。僕は、モータースポーツ自体が、世の中にもう少し認知されて欲しいんです。

鹿島 :日本では、欧米に比べて応援する率が低いですよね。

松本 :低いですね。もうちょっと関心を持ってもらいたいと思って、僕もやっているんですけどね。

鹿島 :クルマ・バイクのレースのよさをアピールしてください。

松本 :自分で乗るのが一番です。見る場合は、たとえば、個々の性能が違うクルマの中で、性能が少し劣っているクルマが速いクルマに勝ったりする事があるんです。それがレースなんです。あと、わかりづらいですが、レーサーのテクニックですね。そんなところを見ていただければと思います。

鹿島 :とにかくサーキットに来て欲しいですよね。

松本 :そうですね。

鹿島 :9月23・24日。又、レースがありますけど、松本さんも出場されます。このままいきますと、GT選手権も夢じゃあないぞ! と、いう感じですね。

松本 :いや、もっと勉強しないとそこまでは行けません。






鹿島 :松本さん、本業の方ですが、9月20日にTUBEのビデオがリリース。

松本 :はい。これは、6月1日にハワイで行われたコンサートのビデオです。

鹿島 :ハワイというシュチエーションがTUBEにピッタリですね。どんな雰囲気でしたか?

松本 :6月1日というのが、TUBEのデビューした日なんですね。今回は、15周年記念でしたのでいろいろな事を思い出しながら、日本から来てくれたファンと盛り上がりました。 

鹿島 :TUBEのライブを常夏のハワイで見られるというのは、いいですね。松本さん、来週もいろいろなお話をよろしくお願いします。

松本 :はい。お願いします。

 



今週のゲストは、クルマとレースを愛してやまないアーティスト、TUBEのドラマー 松本玲二さんでした。
ドライバーズ・サロン!来週も松本玲二さんをお迎えしてお送りいたします。どうぞお楽しみに!!

 

back  home