Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。 
 




鹿島 :今週は、8月5・6日に富士スピードウエイで行われたヴィッツレースに僕のチームから出場していただきましたシャ乱Qのたいせーさんをお迎えしております。

たいせー :8月5日だけで終わってしまいましたが…

鹿島 :フフフ。予選突破の45台の枠に入るのってホントに大変な事ですね。

たいせー :そうですね。相当頑張らないと無理だなってわかりました。

鹿島 :あの、さっきスタジオに来てもらった時に、また乗らせてくださいっ!って、気合いが入ってましたよね。

たいせー :いやもうこのままでは終われないですからね。

鹿島 :でも、嬉しいですよ。チームを運営していてドライバーさんの方からどんどん乗りたいっていわれるのは。

たいせー :あっ、そうなんですか。僕は逆にお金が掛かるから迷惑なんかな、とかいろいろ気にしながら言うたんですけど。

鹿島 :ハハハ…ウン。それもある。フフフ。そんな事ないですよ。嬉しいですよ。ホントに。まあ、レース業界自体が盛り上がりますしね。

たいせー :そうなってくれると嬉しいですけどね。






鹿島 :さて、ここでみなさんに重大な発表があります。9月2日、土曜日。つくばサーキットで行われるプレス対抗4時間耐久レースに、私、レーサー鹿島、シャ乱Qのたいせーさん、そして老舗のモータースポーツ雑誌「オートスポーツ」編集部の皆さんというラインナップでお声が掛かりました。

たいせー :ありがたいことですね。

鹿島 :これはかなり楽しみです。噂によるとたいせーさんはこのレースに一度ご出場の経験があるそうで…

たいせー :はい。去年、僕が今連載をさせてもらっている雑誌チームから出させてもらいました。その時、僕はつくばの最終コーナーで飛び出して一人砂場で遊んでいました。今回はその雪辱戦も兼ねてちょっと頑張らなくちゃなと思っています。

鹿島 :割と楽しいお祭り的なレースなんですよね。

たいせー :そうですね。1位を狙ってどうのこうのとかっていうより、もっと4時間を楽しむ感じのレースですね。

鹿島 :まあ、耐久レースといいますとル・マン24時間耐久レース。それぐらいの気持ちでいきたいですね。

たいせー :ハハハ。それはちょっと長すぎですけどね。

鹿島 :最後にレースに関しての最終目標はなんですか?

たいせー :まっ、レースをやるというのではフォーミュラとかハコとかありますけど、僕はハコでトップです。まあ、GT選手権とか出られるぐらいまでなればと思います。近藤真彦さんぐらいになれれば嬉しいなというのが正直なところですね。そこまで行けるかどうかわからないですけど目標にはしています。

鹿島 :今日は音楽の話をする事なく時間がなくなってしまいました。これからレコーディング!?

たいせー :そうですね。ツアーが終わったので、この先ちょっと作品作りにこもろうかなという感じです。

鹿島 :今日はホントにありがとうございました。又、来てください。

たいせー :はい。ありがとうございました。

 

今週のゲストはシャ乱Qのメンバーでありながら、今シーズンはレーサーとしても本格デビューのたいせーさんをお迎えいたしました。ありがとうございました。

ドライバーズ・サロン!来週は、こちらも今シーズンレーサーデビューを果たしたヒロミさんをお迎えしてお送りいたします。どうぞお楽しみに!!

 

back  home