Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。 
 




photo

鹿島 :大友康平さんがクルマの中で聴いてる音楽というと、どんなのですか?

大友 :自分の好きな'70年代のロックとかから、自分でピックアップしたモノをMDに入れて聴いてます。僕らが大学生の頃にコピーしていた昔のレコードが、今どんどんCDで復刻してるんです。それを買って来るのが嬉しくて、これがまたレコードでは聴けなかったいろんな音が入ってるんですよ。「エエッ!? こんなのが…」って感じで…。

鹿島 :新たな発見があるわけですね。そういう意味では最近のカーステレオって、ホントに音がイイですよね。

大友 :余計なヤツもありますよね。「東京ドームバージョン」とかね。ただドッツン・ドッツンって(笑)

鹿島 :ハハハ。

大友 :こないだ、カーステレオの取材があったんです。そのメーカーの一番いいヤツを聴いた時は、たまげましたね。

鹿島 :たまげましたか!

大友 :ツイーターといって、高音用のスピーカーがちょうどフロントのところに付くんですよ。あれにはビックリというか、結構ショックでした。「こんなにイイ音するんだったら、レコーディングスタジオいらねえんじゃねえか」と。てめえのクルマの中でデモテープ作ればいいわけですよ。

鹿島 :ハハハ!!!

大友 :いや、しかしカーステレオの発達にはビックリしましたね。

鹿島 :今、レコーディングのお話がでましたが、HOUND DOGは現在ツアー中ですよね。やはり体調コントロールとかには気を遣われてるんですか?

大友 :梅雨から夏にかけてのこの間が、疲れが出やすい時期なんですよ。これからが勝負だと思うんですけど。一応私もプロですから、それはそれはもう、ステージに向けての生活環境、自己管理は考えてます。まあ、お酒の飲み過ぎ、これだけは注意していきたいですね。

今週のゲストはHOUND DOGの大友康平さんをお迎えいたしました。

ドライバーズ・サロン! 来週も大友康平さんをお迎えして楽しいお話をお聞きします。どうぞお楽しみに!!

 

back  home