Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。 
 




photo鹿島 :現役の選手時代は、取材の方々とのお付き合いはどうだったんですか?

大林 :ほとんどないです。どっかに食事に行ったりとかする人は3人ぐらいしかいませんでした。選手時代は時間もなかったので、その辺も関係あると思います。
その点、モータースポーツの方ってわりと普段はいろいろ交流がありますよね? でも、最初はすごく閉鎖的といいますか、外の人間は入りにくかったですね。

鹿島 :モータースポーツ界が?

大林 :一つの国みたいなもんじゃないですか。「モータースポーツの国」、みたいなね。

鹿島 :大林さんから見て、仕事として関わるようになって日本のモータースポーツ界で驚いた事ってありますか?

大林 :モータースポーツは、まず道具・機械(マシン)というのがあって、「人間の力だけでは勝てない」というのがショックでした。
私たち(バレーボール選手)は体一つで、まあボールは使いますけどコンディションには関係ないんですよ。勝敗にはほとんど関わらないんですが、クルマの世界はマシンの占める割合が大きい。テクニックがあるからって、必ずしも勝てるとは限らないという…

鹿島 :なるほどね。モータースポーツ界、それから芸能界で必要なモノって何でしょうか?

大林 :カリスマ性みたいなモノが必要だと思いますね。惹きつけるモノがあれば協力してくれる人もいるし、努力していれば、「頑張れ」って応援してくれるファンも出来ますからね。

鹿島 :日本のモータースポーツ界でそういったカリスマ性を持ったドライバーっていますか?

大林 :日本人で? …ウーン。いま、パッと浮かばないのが、ちょっと寂しいですね。

鹿島 :国民全体がオリンピック感覚で応援出来るドライバーさんが、なかなかいないですよね。

大林 :そうですね。高木虎之介くんがね、今、日本に戻って来てますけど、誰か一人が世界に行ってくれるとまた違ってくると思うんですよ。「虎之介が乗ってるなら俺だって」っていうライバルも出て来るけど…。その辺が今、逆に誰でも(世界に)出られるチャンスなんですよ。

鹿島 :なるほどね。その為には何が必要ですか?

大林 :ウーン、ちょっと泥臭いというか根性じみてますけど、すべてを捨てられる人が勝てる。

鹿島 :レースのために?

大林 :もちろん仕事だからって割り切る方が、今は多いですよ。ただ、それでも仕事のためにほとんどすべてを賭けて出来るかっていうのを考えたら、「ハーイ!」という人は、もしかしたら少ないのかなあ…とちょっと思ったりして…


鹿島 :大林さんは4輪だけじゃなくて、こないだ鈴鹿サーキットで行われたバイクのワールドグランプリのプレゼンターを務められたそうで…

大林 :はい。ホントにその場でたまたま。

鹿島 :スゴイですよね。選手はお立ち台に登ってるのに、大林さんと(身長の)高さが一緒だという(笑)

大林 :そうなんですよ。フフフ(笑) 「目線が合って良かった」と本人に言われました(笑)

鹿島 :しかし、いろんな活動をされてますよね。

大林 :モータースポーツ全体に入り込んで、惹かれましたね。

鹿島 :最後に今後の予定、意気込みなんかを聞かせてください。

大林 :フォーミュラ・ニッポンは、コメンテーターという新しい立場なので、みなさんの邪魔にならないように内容のあることをしながら、バイクですとかGTとか、もうちょっと幅広くいろいろな物を見て、一般の女性とかに伝える役割をしたいなあと思います。

鹿島 :ぜひ、またこの番組に来てください。ありがとうございました。

大林 :ありがとうございます。

今週は、先週に引き続きましてスポーツキャスターの大林素子さんをお迎えいたしました。

ドライバーズ・サロン!来週は「トヨタ期待の若手ドライバー・シリーズ」Vol 2 立川祐路さんをお招きしてお送りいたします。どうぞお楽しみに!!

 

back  home