Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。 
THE YELLOW MONKEY
菊地英昭 PART2(4月23日放送)
EMMA
Profile
1964年12月7日生/ 射手座/ O型 /身長174.5cm/八王子市出身
「EMMA」の愛称で知られる、人気ロックバンド「THE YELLOW MONKEY」のギタリスト(写真の一番右)。 現在行われている全国ツアー「SPRING TOUR」は、5月9・10日の横浜アリーナまで続く。
 

 
今週も先週に引き続きましてスペシャルなゲストをお迎えしております。「THE YELLOW MONKEY」を代表するクルマ好き、ギターのEMMAこと菊地英昭(EMMA)さんです。じっくりお楽しみ下さい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


鹿島 :EMMAさん、クルマにまつわるエピソードってありますか?

菊地 :たとえばツアーとかで、新幹線で移動できる片道500kmぐらいの距離、西は大阪・北は岩手あたりまででしたら、クルマで行っちゃったりしますね。

鹿島 :お一人でですか?

菊地 :たまにマネージャーが一緒だったりしますが、基本的には一人です。隣に人が乗ってると気を遣っちゃうんです。だからといって一人だとすごい無理するってわけじゃないですけど。

鹿島 :たとえば、隣りの人がウトウトし始めて、ブレーキを踏んだ時にその人が動いたりするのが気になるわけですか?

菊地 :気になりますねー。だから「運転がウマイ」と思われてます。実際にはテクニックとかないんですけどね。気を遣うぐらいで…

鹿島 :EMMAさんの助手席だと、お花を活けたり、お茶をたてたり出来そうですね(笑)

菊地 :フフフ…それをやられたら、ちょっとね(笑)

鹿島 :話を戻しますが、ツアー先までクルマで行くんですか?

菊地 :それで1回、名古屋だったかな? 片側4車線ぐらいの広い道で、右折してくるクルマを避けて大スピンして…反対側向いてしまった事がありましたね。

鹿島 :えっ、大丈夫だったんですか?

菊地 :どこにもぶつからなかったです。でもクルマが完全に反対側向いてましたから、同じ車線のクルマが全部こっち向いてて、恥ずかしいんだか何だか、よくわからない感じで(笑)
相手は軽自動車でしたから、ブツかってたら危なかったでしょうね。

鹿島 :まさか相手が「THE YELLOW MONKEY」のEMMAさんとは…

菊地 :思ってないでしょうねぇ。

鹿島 :しかし、素晴らしい危機回避能力ですね!

菊地 :いやいや…。あの時はホントにビックリしましたね。

next page
「ああ、どうしよう…みたいな。「…帰れないぞ…」みたいな…」