クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。
harada tetsuya
原田哲也
Profile
生年月日:1970年6月14日
出身地:千葉県
身長:162cm

1989年にヤマハワークスから全日本250ccに参戦。92年に岡田忠之と抜きつ抜かれつのレースを展開し、250ccチャンピオンを獲得。翌年、同じくヤマハからWGP250ccに戦いの場を移し、いきなり年間チャンピオンを獲得。その後、ヤマハのマシンに不満を漏らし、97年にアプリリアへ移籍。99年からは、500ccへステップアップ。イタリアでは、中田英寿より有名とか。


原田哲也
 PART2(1月23日放送)

今週も先週に引き続きまして、1993年のバイクの世界GP選手権ワールドチャンピオン! 原田哲也さんをお迎えしています。モナコ在住の原田さんに海外生活のお話なども伺っております。じっくりお楽しみ下さい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



鹿島 :原田さんは現在、イタリアのチーム「アプリリア」でご活躍ですが、現地では全てイタリア語ですか?

原田 :そうですね。だいたいは…

鹿島 :イタリア語って声が大きいような気がするんですけど… そんなことないですか?

原田 :そうなんですよ。ゼスチャーも凄いし、ケンカしてるように聞こえますよね。ウチのスタッフも陽気すぎるというか、セッティングで問題があっても2時間ぐらいベラベラ喋ってますからね。「ホントに真剣に考えてくれてんのかな?」って思います。

鹿島 :ホットですね(微笑)

原田 :ホットですけど、その2時間の間にセッティングの話は10分ぐらいなんです。どんどん違う方向に行っちゃうんで、戻すのに大変なんですよ!!

鹿島 :向こうへ行かれた当初、大きなモーターホームを買われたそうですね。どのくらいの大きさだったんですか?

原田 :日本でいうと観光バスぐらいの大きさですかね? とりあえず広いですよ。キッチン、洗濯機、電子レンジ、オーブン、それにシャワールームとか、ベットルームは別に付いてる…そういう感じですね。
テレビは衛星放送が入るようになっていて、日本のニュースはライブ(生)で観てました。まあ、ほとんどNHK放送なんで、朝から連ドラ観たりとか…


鹿島 :フフフ。イタリアのサーキットで、フリー走行の前に連ドラ観て…(笑)

原田 :阿部(典史選手)も連ドラ好きなんですよ。阿部と連ドラの話したり(笑)

鹿島 :アハハ、緊張をほぐしたりするのには最高なんじゃあないですか? 日本のドラマを観たりするっていうのは…

原田 :やっぱりホッとしますよね。言葉がわかるのでね

next page
「日本では2輪のレースってあんまり知られていないと思うんですけど…」