クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。

高橋 国光
Profile
1940年、東京生まれ。1958年に日本で初めて開催された二輪レース「第1回 全日本モーターサイクル・クラブマンレース」に出場し優勝、レース界に入る。その後、ホンダワークスライダーとしてWGPを転戦。
1961年ドイツ・ホッケンハイムサーキットで日本人として初めてセンターポールに日の丸を掲げた。1965年より四輪レースへ転向し1977年に富士スピードウェイで行われたF1日本GPに出場。1985年〜1987年、1989年と4度の全日本耐久選手権のチャンピオンとなる。
そして、1992年より「チーム国光」を結成し自ら監督兼ドライバーとして全日本ツーリングカー選手権へ参戦。1994年からNSXで土屋圭市、飯田 章と組んで「ル・マン」に挑戦し完走を果たす。そして95年にはNSXで念願の「ル・マン」クラス優勝、十勝24時間レース総合優勝、鈴鹿1000kmでクラス優勝を果たし前年度から合わせて耐久5連勝を達成。
96年は、「ル・マン」クラス3位入賞を果たす。97年には監督として鈴鹿8時間耐久ロードレースにも参戦。ジュニアチームを結成し、若手育成にも力をそそぐ。
98年の全日本GT選手権ではチーム悲願の初優勝を獲得し、自らのレーサーキャリア通算70勝を飾った。「国さん」の愛称で親しまれる「レースの鉄人」も1999年11月ついに引退を表明、通算488レース・優勝71回の大記録に一応のピリオドを打った。



 PART2(1月9日放送)

今週のゲストは、先週に引き続きまして、42年間に渡って日本のレース界をリードしてきて、昨年11月のレースをもって引退を表明された「レースの鉄人」高橋国光さんです。まもなく還暦を迎えられる国光さん。新春スペシャルインタビュー第2弾の模様をじっくりお楽しみ下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



鹿島 :国光さんの走っている姿を見てレーシングドライバーになったという方、多いんです。土屋圭市さんも「国光さんに憧れて…」とおっしゃってました。

高橋 :土屋圭市という男は、ホントに珍しい男だなァと思いますよ。一緒に自分のチームで走ったりもして、「これほど上手なヤツ、ちょっといないな」ってくらい優秀な選手なんですね。それでいておしゃべりが大変上手なんでね。だいたいよくしゃべる人で、ドライバーとして優秀な人はあんまりいなかったんですよ。

鹿島 ドッキィ〜ッ!!(汗)

高橋 :圭ちゃん見てね、そんなことはないんだと思いましたね。喋りもいいけどドライビングもいい、という人がいるんですネ!

鹿島 :いやァ〜、爪の垢を煎じて飲まさせていただかないと…

高橋 :1人だけとは言いませんヨ(笑)!





鹿島 :国光さんにとって、土屋圭市さんはライバルですか? それともお弟子さん…あるいは後輩ですか?

高橋 :信頼の置ける… まあ、兄弟分っていう感じですね。大変気持ちのいい人ですよ。

鹿島 :フランス最大のレース、「ル・マン24時間耐久レース」でも土屋圭市さん、そして飯田章選手とのチームで念願のクラス優勝を果たされて。

高橋 :いやァ〜、あの時は嬉しかったですね。土屋圭市、飯田章選手と3人で組んで、それに日本のクルマで… クルマを触るメカニックも全員日本人だったんですよね。

鹿島 :オール日本!

高橋 :ええ。ほんとにマネージメントから全部日本人でした。でも一番嬉しかったのはね… 二輪時代の1961年にドイツで日の丸を上げた時の監督が川島さんという、今はホンダの最高顧問になっている方で、その川島ご夫妻が観に来てくれてたんですよ! なんというか、縁というのは不思議なものだなァ…と思いましたね。

鹿島 :へえ〜!

高橋 :僕は「4輪のレースで何が印象にありますか?」って聞かれたら、やはり「ル・マンです」って答えたいんですね。兄弟みたいに思っている土屋圭市と、それの弟分の飯田章と3人で組んだわけでしょ。そういった巡り会わせとかね、不思議な縁で… それでレースの結果も出ているわけで、自分としては大変嬉しかったんです。

next page
「当然体力的には劣っていくわけだから、その分努力しなければ・・・」